ウイコウがエントリースマホ「Wiko Tommy3 Plus」を日本国内で発売するようです。今回はどうなるかな…

wiko tommy3 plus image Android

久しぶりにこの名前を日本で聞いた気がしますが、フランスで人気のスマートフォンブランド「Wiko」が、日本国内で3機種目となる「Tommy3 Plus」を1月から発売することを発表しました。

実は当ブログでは、Wikoのスマートフォンについて取り上げていますし、何より2017年2月に発売された日本発売第1弾のモデル「Wiko Tommy」の数少ない購入者だったりします。

正直サポートの面で気になるところもあるんですが、せっかく国内向けにリリースしてくるということなので、「Wiko Tommy3 Plus」のスペックなどをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

wiko tommy3 plus 01

Wiko Tommy3 Plus
OSAndroid 8.1
ディスプレイ5.45インチ
1,440 × 720
CPUMediaTek MT6739
1.5GHz(4core)
RAM2GB
内部ストレージ16GB
外部ストレージmicroSD
(最大128GB)
リアカメラ13MP
フロントカメラ5MP
ポートmicroUSB
イヤホンジャック
バッテリー2,900mAh
取り外し可能
その他デュアルSIM/デュアルスタンバイ
対応バンド【4G-LTE】
1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/41

【3G】
1/2/5/6/8

サイズ147.6x71.3x8.6mm
重さ150g
価格14,800円(税抜)

スペックについてはこのような感じになっています。

ディスプレイは5.45インチとなっていますが、左右のベゼルが狭いタイプなので実寸は縦150mm以内とわりとコンパクトな作りになっています。

採用されているCPUはMediaTek製のMT6739で、性能的にはさほど高くはありませんが、ネットやメール、動画閲覧、簡単なゲームくらいなら問題はないと思います。

ただ2GBRAMなので、複数のアプリを立ち上げた状態で少しパワーのいる作業をしようと思うと辛いところがあると思います。

今回もエントリークラスなので目立つところも少ないですが、価格は15000円ほどになるそうなので、値段的には国内正規リリースのモデルとしてまずまずといったところだと思います。

あとはデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているというところでしょうか。私はあまり気にならないですが、この機能を便利だと思う方は良いかもしれません。

個人的には色合いは他のメーカーにない独特な雰囲気なのが好きですけどね。
ただ「Wiko Tommy」のときのように、発売後アップデート対象から外されるという珍事がなければ良いのですが。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと「Wiko Tommy3 Plus」のスペックについてまとめてみました。

まさにエントリークラスというところですが、独特なカラーに魅力を感じたりとにかく安価なスマホが1台欲しい、という方には選択肢としてなくはないと思います。

1月25日から発売ということですが、まだ取扱情報は出ていないようです。
ちなみに今回はAmazonでも販売するそうなので、興味のある方はチェックしてみると良いかも。

なお以前にまとめた別製品の記事を参考まで。
関連Wiko(ウイコウ)のSIMフリースマホ「Wiko View」が気になるけど…gooスマホの「g08」と同じ端末。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech