Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

Xiaomiから「Redmi Go with Android Go Edition」が正式に発表されたようです。

xiaomi redmi go edition Android

中国のXiaomiは、Android 8.1 OreoのGo Editionという軽量・最適化されたOSを採用した「Xiaomi Redmi Go」を発表しました。

正直なところ、かなりのエントリークラスなスマートフォンですので、日本国内のユーザーにはほとんど関係のない情報だったりしますが、当ブログでは同じくAndroid Go Editionを採用する「Nokia 1」を取り扱っていますので、Xiaomiについてもまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

Xiaomi Redmi Go
OSAndroid 8.1 Oreo
Go Edition
ディスプレイ5インチ
1,280 × 720
CPUSnapdragon 425
1.4Ghz(4core)
RAM1GB
内部ストレージ8GB
外部ストレージmicroSD
カメラリア 8MP
フロント 5MP
バッテリー3,000mAh
サイズ縦140.4×幅70.1
×厚み8.4mm
重さ137g
予想価格9,800円

スペックについてはこんな感じです。

一応、Xiaomiの公式Twitterより。

価格は1万円程度となる見込みで、ご覧のとおり全体的にエントリークラスというかロースペックな構成になっています。

しかし採用されている「Android Go Edition」は、こういったエントリークラスのスマートフォン向けに最適化されているOSのため、通話はもちろんのことネット、メール、簡単なアプリ操作、動画閲覧などであれば問題なく動作してくれます。

ただ、最新ハイスペスマホから比べると、複数アプリを動かすと多少モッタリした感じもありますが、単純な携帯電話+αとして考えると十分な性能だと思います。

低価格で軽量コンパクト、かつ最低限の性能ということで、日本で使うとすればサブ機としたり緊急用の1台としてなら運用できますので、興味のある方は覚えておいてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

2月にヨーロッパで発売?

現時点ではまだはっきりとしたタイミングはわかっていませんが、「Redmi Go」は2月にヨーロッパ市場でデビューする予定のようです。

価格についてもまだはっきりしていませんが、90ドル程度となる見込みです。

となると、以前当ブログでもまとめている「Nokia 1」と競争力を持つことになりますし、これから発表されるであろう「Nokia 1 Plus」とも良い勝負になりそうですね。

ちなみに「Nokia 1」については実機レビューを書いていますので、興味のある方はそちらもご覧くださいませ。

参考Xiaomi’s first Android Go phone is the $90 Redmi Go
参考Xiaomi Redmi Go with Android Oreo (Go Edition) is now official

Android
スポンサーリンク
HelenTech