今度は「Sony Xperia L3」というエントリーレベルのスマートフォン登場のウワサが出てきました。

sony xperia l3 rumor image Android

ソニーがMWC 2019で発表するであろう「Xperia XA3」改め「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の2機種だけでなく、今度はエントリークラスの「Xperia L3」というモデルが登場する可能性が示唆されました。

ただ今回紹介されていたレンダリング画像は、1月に「Xperia XA3 (Xperia 10)」などと一緒にリークされていたもののようですので、見たことがある方もいるかもしれません。

スポンサーリンク

予想スペックについて

sony xperia l3 rumor side

現時点ではまだはっきりとしたことがわかっていませんが、下記のようになると見られています。

  • 5.7インチ
  • 1,440×720
  • Android 8.1
  • MediaTek製CPU
  • 3GBRAM
  • 32GBストレージ
  • microSDスロット
  • リアカメラ 13MP+2MP
  • フロントカメラ 8MP
  • 電源ボタン内蔵指紋センサ
  • NFC搭載
  • イヤホンジャックあり
  • USB-C
  • 3,300mAhバッテリー
  • 199ユーロ(約28,000円)

ざっくりとですが、このようなスペックになるとみられます。

この「Xperia L3」は、CinemaWideディスプレイを搭載していない、一般的な18:9のアスペクト比を持つHD+ディスプレイになるとされていまして、スペック自体もエントリークラスかミドルレンジをやや下回る程度になるようです。

採用されるCPUについてはっきりとしたことがわかっていませんが、SnapdragonではなくMediaTekのいずれかになるようです。

スポンサーリンク

また、価格についても予想ではありますが、おそらく199ユーロになるだろうというところです。

価格だけを考えると、中国メーカーのミドルスペックには負けそうな雰囲気がありますが、ソニーのXperiaというブランドを3万円ほどで手に入れられると思えば、これはこれでありかもしれません。

現時点ではスペックについて確定なわけではありませんが、概ねこのような内容に落ち着くかと思います。

この機種もMWC 2019で発表されると見られているので、今後の展開に期待ですね。

参考Sony Xperia L3: Aufgefrischtes Einsteiger-Smartphone