ついにサムスンが「Galaxy S10」、「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」を発表しました!

S10-main Android

これまでにいくつもリークを取り上げてきましたが、ついに「Galaxy S10」、「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」の3モデルがサムスンから発表されました。

さすがにサムスンだけあって、大手メディアからブログまで幅広く取り上げちゃっていますので今さら感がありますが、「Galaxy S10」、「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」のスペックをひとまとめにしておこうと思います。

スポンサーリンク

スペックについて

Galaxy S10 Official TVC: The Next Generation Galaxy

それぞれについて、下記のようなスペックになっています。

Galaxy
S10
Galaxy
S10+
Galaxy
S10e
ディスプレイ6.1インチ
3040×1440
AMOLED
6.4インチ
3040×1440
AMOLED
5.8インチ
2280×1080
AMOLED
CPUExynos 9820
Snapdragon 855
RAM8GB8GB/12GB6GB/8GB
内部ストレージ128GB
〜512GB
128GB
〜1TB
128GB
256GB
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
リアカメラ12MP(望遠)
12MP(Uワイド)
16MP(ワイド)
12MP
16MP
フロント10MP10MP
8MP
10MP
バッテリー3,400mAh4,100mAh3,100mAh
その他IP68相当防水
サイズ149.9×70.4
×7.8 mm
157.6×74.1
× 7.8 mm
142.2×69.9
× 7.9 mm
重さ157g175g150g
価格899.99ドル999.99ドル749.99ドル


ちなみに「S10e」以外の機種は、デフォルト解像度はフルHD+になっているそうですが、設定で最大解像度に変更可能となっているようです。
ディスプレイは、どのモデルも限りないフルディスプレイとなっており、リークどおりノッチのない特殊形状のフロントカメラホールになっています。

いずれもCPUに関して、地域によって採用するものが異なるため2種類が表記してあります。

ただそれでも、現状でハイスペックのなかのハイスペックと言っても過言ではない存在になると思います。

とくに「S10+」では、最大12GBRAM搭載モデルがリークどおり存在することから、お値段的にもこれまでの最高峰のスマートフォンになりそうです。

スポンサーリンク

またカメラも「S10」、「S10+」はトリプル仕様であったりとかなりの豪華仕様になっています。

ただフロントカメラの画素数が控えめな感じが気になるところですが、この形状の影響なのかなんなのか。個人的にはセルフィーしないのであまり気にはしていませんけどね。

こうしてみていくと、意外と「10e」もバランスが良いコンパクトなスマートフォンである気がしてきます。

価格的には最も安価ですが、性能面を考えても現行機種のうちでもハイスペックに位置するのは間違いありませんし、これより上にかけるお金の価値をどう見出すかが問題な気がしてきます。

「Galaxy S10 5G」モデルの存在

この他、今後の5Gネットワークに対応したモデル「Galaxy S10 5G」の存在が明らかになったというのも大きいかと思います。

こちらもまたリークどおりにハイスペックな仕上がりになっています。

Galaxy S10 5G
ディスプレイ6.7インチ
3040×1440
AMOLED
CPUExynos 9820
Snapdragon 855
RAM8GB
内部ストレージ256GB
リアカメラ12MP+12MP+16MP+3Dカメラ
フロントカメラ10MP+3Dカメラ
バッテリー4,500mAh
サイズ162.6×77.1×7.94mm
重さ198g

こちらのスペックはこんな感じですね。

とくに特徴的なところが、4つのリアカメラと2つのフロントカメラを採用しているということ。ここもリークどおりですが、公式に認めましたので、5G対応と合わせてユニークな機種となるのは間違いないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと「Galaxy S10」、「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」の3機種と5Gモデルについてスペックをまとめておきました。

5Gモデルは除き、いずれも3月8日から発売を予定しているそうですが日本ではまだ発売は未定のようです。

ここまで来ると、もうスマートフォンなのかタブレットなのか、ノートPCなのかよくわかんないスペックになってきましたねえ。

日本でも出せばゲーミング用途としても欲しい層が多いと思いますので、期待ですね。