Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

スライド式キーボード採用の「F(x)tec Pro 1」がとても気になるのでスペックなどまとめておく。

fxtec pro 1 image Android

どうやらMWC 2019にて、より詳しい情報が出てきたスライド式QWERTYキーボードを採用したAndroidスマートフォン「F(x)tec Pro 1」について取り上げたいと思います。

この端末をリリースするF(x)tecは、英国の企業だそうでもともとはMoto用のアタッチメント等を開発していたとのこと。

結局は自社でスマートフォンを開発するという流れになりまして、それが今回発表された「F(x)tec Pro 1」ということです。

スポンサーリンク

スペックについて

fxtec pro 1 image 01

F(x)tec Pro 1
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ5.99インチ AMOLED
2,160 ×1,080
CPUSnapdragon 835
RAM6GB
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD
リアカメラ12MP(Sony IMX363)⁺5MP
フロントカメラ8MP
バッテリー3,200mAh
QuickCharge 3.0
その他側面指紋センサ
ハイブリット DualSIM
対応バンド【4G-LTE】
1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/25/26/28/38/39/40/41

【3G-WCDMA】
1/2/4/5/8

サイズ154×73.6×13.98
価格649ドル

今回明らかになったスペックはこんな感じです。

普通のスマートフォンであれば、採用されたCPUがひと昔前のSnapdragon 835であることが少々気になりますが、価格とこのスマートフォンの特殊性を考えれば十分にアリな選択肢だと思います。

というのも、同様にQWERTY物理キーボードを採用した「Blackberry KEY2」は、この「F(x)tec Pro 1」よりも低いスペックであるSnapdragon 660を採用しつつ価格は200ドル以上高いわけですので、性能面とコスト面を考えると、むしろかなりお得感のある端末じゃないかと感じています。

RAMやストレージを含めれば、現行のハイスペックにやや一歩劣るとはいえ、ミドルハイクラスの実力はありますし、何より物理キーボードを搭載していますから、それだけでも価値があるといえます。

fxtec pro 1 image 02

パッと見のフォルムは、なんとなく「Blackberry Priv」のように丸みを帯びた縁取りがされていますが、キーボードのスライド機構は横向きですので、このあたりも特徴的なところかと思います。

スポンサーリンク

また、今回採用されている12MPのSony IMX363は、「Google Pixel 3」に採用されているセンサと同じものですし、悪いことはないはずです。

この他にも、Android One端末の認定を狙っているためか、90日以内のソフトウェアアップデートやセキュリティパッチのリリースを約束していますし、そもそもAndroid 9 Pieを搭載しているので、少なくとも取り残されるようなことはないと思います。

ちなみに価格は649ドルとなっており、7月の発送を予定しているようです。
さらに日本直送に対応しているんですよね…欲しい。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと「F(x)tec Pro 1」についてまとめてみました。

正直な話、かなり欲しいです。
公式から日本へ直送できるというのもでかいところ。

価格の649ドルについてですが、先ほどちらっと書いたように、私の相棒「Blackberry KEY2」が800ドル程度だったことを考えて、スペックなども向上しているわけですから決して高い買い物ではないと思います。

結局のところ、この物理QWERTYキーボード端末というものがどこまで自分に必要or刺さるかということだと思います。

個人的にはNokiaにも同じような携帯がありましたから、この手の横スライド式は憧れもあるので余計に欲しくなっちゃうんですよね。ということで、一応予約だけはしておきました(笑)

7月頃発送予定ということで、またしばらくすれば新しい情報が出るかと思いますので追ってお伝えしたいと思います。

Android
スポンサーリンク
HelenTech