Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

Samsungのミドルレンジスマホ「Galaxy A60」に関するスペックがリークされました。

samsung galaxy a50 Android

Samsungと言えば、先月末のMWC 2019でフラッグシップの「Galaxy S10」シリーズと「Galaxy Fold」だけでなく、ミドルレンジの「Galaxy A50」と「Galaxy A30」という2つのモデルも発表しています。

そして今回、そのミドルレンジのスマートフォンのうち、今後発表されるであろうと予想されていた「Galaxy A60」というモデルのスペックがついにリークされました。

CPUだけで見るとミドルレンジではありますが、全体の構成はかなり豪華な感じなので、価格次第ではありかも。

ということで、「Samsung Galaxy A60」のスペックをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペックについて

samsung galaxy a60 leak

実はすでにスペックシートがリークされちゃってるんですよね。

Galaxy A60
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.7インチ Super AMOLED
FHD+
Infinity-Uデザイン
CPUSnapdragon 675
RAM6GB
8GB
内部ストレージ128GB
リアカメラ32MP+5MP+8MP
フロントカメラ32MP
バッテリー4,500mAh
その他画面内蔵式指紋センサ

ざっくり抜き出すとこんな感じのスペックです。

採用されているCPUは、「Xiaomi Redmi Note 7 Pro」や「Vivo V15 Pro」などにも採用されているSnapdragon 675となるようで、RAMも6GBもしくは8GBということもあって、ミドルレンジでもハイエンド寄りのスペックを備えているスマートフォンと言えそうです。

ディスプレイは6.7インチのかなり大型の印象ですが、Infinity-Uというノッチも限りなくなくすようなフルディスプレイになっているため、実際に持てば意外とコンパクトな感じになると思います。

それにディスプレイ内指紋センサを搭載していますから、機能面でもハイエンドに劣らない仕上がりのようです。

スポンサーリンク

そしてかなりカメラに力を入れているようで、リアカメラは32MPのプライマリカメラと8MPのセカンダリ、5MPとトリプル仕様になっています。

さらにフロントカメラは32MPとかなり高画素なので、自撮りをする方でも必要十分な機能を備えていると思います。

バッテリーも4,500mAhとかなりの大容量ですし、ここには記載されていませんが、「Galaxy A50」では15W急速充電に対応しているため、もしかしたら「A60」もそのようになる可能性があります。

価格についてははっきりとわかっていませんが、少なくともフラッグシップモデルより安価になるでしょうし、機能面でもそこまで不満はないモデルなので、案外「A60」の方がお得感があって取っ付きやすい機種のような気がします。

スポンサーリンク

発表は4月予定

ということで、ざっくりと「Samsung Galaxy A60」のスペックをまとめておきました。

価格次第ではありますが、性能面ではかなりバランスの良い機種に仕上がっていると思うので、コスパに優れた1台になる可能性は高そうです。

発表は4月を予定しているようですので、近々また動きが出てくるかもしれません。

ただ日本国内での発売はなさそうですし、気になる方がいても結局輸入に頼らざるを得ないとなるとちょっとコスト的にどうかなあという気もしますね。

なおこの「A60」は、中国で「Galaxy A8s Lite」として発売される可能性もあるようなので、海外通販サイトなどに並ぶことがあればしれっと紹介するかもしれません。

参考Galaxy A60 specs leak reveals 6.7-inch display and 32MP triple-camera

Android
スポンサーリンク
HelenTech