Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

モトローラが「Moto Z4」を正式に発表しました!Snapdragon 675採用で499.99ドルから

leaked-Moto-Z4-render-image Android

当ブログではこれまでに何度か「Motorola Moto Z4」に関して情報をお届けしていましたが、ついに米国で「Moto Z4」が正式発表となりました。

スペックについては、これまでの予想どおりSnapdragon 675を採用していまして、それ以外についても概ねリークどおりといったところです。

さらに海外ではフライングで購入できてしまったユーザーもいるとかで、目新しさはないかもしれませんが、改めてスペックなどを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

moto-z4-image-01

Moto Z4
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.4インチ OLED
2,340 × 1,080
CPUSnapdragon 675
RAM4GB
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicorSD
(最大512GB)
リアカメラ48MP
(出力画像は12MP)
フロントカメラ25MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー3,600mAh
その他画面内蔵指紋センサ
Moto Modsサポート
価格499.99ドル

スペックについてはこんな感じになっています。

途中からリークされた、ミドルレンジクラスであるということは間違いなかったようですね。

このスペックもリークされたときにはちょっと大丈夫かと思ってしまいましたが、CPUなど同じ構成では「Google Pixel 3a / 3a XL」もいるわけですし、何ならカメラの画素数的には「Moto Z4」の方が上なので、これはこれでアリな感じですね。

ディスプレイは、水滴ノッチを採用した6.4インチのOLEDディスプレイで、画面下に指紋センサが内蔵されています。

スポンサーリンク

CPUはSnadpragon 675で4GBRAM構成なので、「Pixel 3a / 3a XL」と同じような立ち位置に属します。

というのも、今後Snapdragon 855を採用する上位モデルの登場が期待されていますので、「Moto Z4」は廉価版というか普及版という感じです。

リアカメラは、48MPという高画素ですが、4つのピクセルを束ねて高品位な画像に処理する「Quad Pixel」という機能に対応しているため、実際の出力画像は12MPになる模様。

フロントカメラは25MPとなっていて、こちらも自撮りユーザーには十分な画素数となっています。

ちなみに、当然ながらMotoシリーズならではのMoto Modによる機能拡張にも対応しており、米国Amazonで購入する際には360度カメラが付属していたようです。

なお、5GネットワークをサポートするためのMoto Modにも対応しています。

価格は499.99ドルから、米国Amazonでも取扱ということなので、日本ユーザーでも興味のある方はそちらを介して買えるので、敷居は低めですね。

すでに米国Amazonで予約はできますが、6月6日から出荷ということと現時点では直送には対応していないようなので、とりあえず参考まで。

ちなみにモトローラのスマホといえば、国内では「Moto G7」が正規販売を開始するようですね。
こちらも参考まで。

Android
スポンサーリンク
HelenTech