Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

OPPOとXiaomiのアンダーディスプレイフロントカメラの動画が登場。ノッチもベゼルもないモデルが主流になる?

Android

ノッチやパンチホールなどの方法で工夫し続け、これまで多くのスマートフォンに採用されてきたフロントカメラですが、ついにOPPOとXiaomiがディスプレイ下に内蔵するタイプのフロントカメラの動画を公開しています。

アンダーディスプレイカメラと呼ぶべきなんでしょうか、スクリーンがオンになっているときにはフロントカメラが見えず、ノッチやベゼルへの設置が必要ない、画期的な方法を生み出しています。

まずはOPPOが掲載したものから。

普段は画面占有率の高いフルディスプレイで、フロントカメラ起動時には動画のようにカメラレンズがわかるようになっています。

ただ見た感じだと、そんなにキレイに撮影されているわけではないですし、動作の感じからもソフトウェア最適化とかもされていないようなので、まだまだテスト段階というところでしょうか。

スポンサーリンク

そしてこの動画がOPPO公式に掲載されて数時間後、今度はXiaomiが同じような仕組みのスマートフォン動画を公開しています。

こちらの動画でも、普段はフルディスプレイとして使用できますが、フロントカメラ利用時だけわずかにディスプレイ上部が黒くなり、埋め込まれたフロントカメラが機能するというようになっています。

Xiaomiに関しては、スクリーン下に20MPのレンズを実装できるということをプレゼンしていたようなので、技術的には実現可能みたいですね。

とはいっても、今回出てきた動画自体が高解像度で撮影されているわけではないこと、その上で撮影された写真の雰囲気を見ると、そこまでキレイな感じでもないので技術的にはまだまだかなという感じです。

今後はフロントカメラがあっても、ポップアップやスライドじゃない画面内埋め込み型のタイプが流行るんでしょうかね…。

ちなみにOPPOとXiaomi以外では、Samsungが開発しているというウワサもありますが、プロトタイプとして動画に、しかも公式から登場したのは今回が初になります。

今後も情報が出てくると思いますので、何かあれば紹介していきたいと思います。

Android
スポンサーリンク
HelenTech