Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

モトローラは「Moto E6」と「Moto E6 Plus」というエントリーモデルのスマートフォンも発表予定

moto-e6-plus-render Android

最近続いてモトローラのスマートフォンのリークが出ていますが、今度はエントリークラスの「Moto E6」と「Moto E6 Plus」という2つのモデルについて、レンダリング画像がリークされました。

今月に入ってすでに、「Moto E6 Plus」と思われるモデルのベンチマークがGeekbenchに登場していますので、一部のスペックについては明らかになっているようです。

moto-e6-plus-benchmark

このベンチマークによれば、「Moto E6 Plus」に採用されるCPUはMediaTekのHelio P22と見られ、2GBRAMを搭載するエントリークラスのモデルとなっています。

Helio P22の性能自体は、Snapdragn 450に匹敵するほどとなっているため、低価格帯では割と見かけますし、昨年も「Moto G6」が同様のCPUを採用しています。

ただ、Helio P22を採用するモデルは「Moto E6 Plus」であるため、ベースの「Moto E6」が何を搭載するかはわかっていませんが、現状ではSnapdragon 430を採用するのではないかと予想されています。

スポンサーリンク

ベンチマーク等はありませんが、「Moto E6」に関しては、別の情報が掲載されていましたのでざっくりとまとめておきます。

  • 5.5インチ 1,440×720
  • Snapdragon 430
  • 2GBRAM
  • 32GBストレージ
  • リアカメラ 13MP
  • フロントカメラ 5MP

このようになることが予想されていますので、いずれにしてもエントリークラスのスマートフォンなのは間違いなさそうですね。

この他、イヤホンジャックはありますし、ポートについてはmicroUSBかUSB-Cかはっきりしませんが、価格帯を考えるとあまり期待はできなさそうです。

現状ではまだ両者のスペックについて、リーク等で詳細の予想ができているわけではありませんが、こんな感じに落ち着くだろうというところです。

発表時期についてもまだはっきりとしていませんが、他のモデルの動きを見る感じ、こちらも近いうちに何かしらの発表がありそうですね。

参考Meet the Moto E6, Motorola’s upcoming entry-level smartphone

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech