Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

ついにSamsungの「Galaxy Note 10」と「Galaxy Note 10+」の公式レンダリングがリーク

leak-Samsung-galaxy-note-10-series Android

これまでに何度かSamsungの次期「Galaxy Note」シリーズについての情報をまとめてきましたが、ついに「Galaxy Note 10」と「Galaxy Note 10+」の正式なレンダリング画像が登場しました。

なお、これらのモデルは8月7日に発表されると言われており、4Gモデルと5Gモデルの存在もウワサされています。

スポンサーリンク

Galaxy Note 10とGalaxy Note 10+の画像

今回登場したレンダリング画像を見る限り、基本的な外観構造は「Note 10」も「Note 10+」も変わらないようです。

しかし、「Note 10」は6.3インチ、「Note 10+」は6.75インチというディスプレイサイズの違いと、リアカメラのToFセンサが「Note 10+」のみ搭載されているというところです。

ちなみにどちらにも専用のスタイラスペン「S Pen」が付属しています。

まずは、「Galaxy Note 10」の画像から。

 

フロントカメラの収まるパンチホールは、ディスプレイの上部中心に置かれており、ベゼルレスデザインとなっています。

リアカメラはトリプル仕様となっていますが、ToFセンサは搭載されていません。

次に「Galaxy Note 10+」の画像。

基本的には変化ありませんが、リアカメラのトリプルレンズとその横にあるToFセンサが追加されています。

このため「Galaxy Note 10+」のリアカメラは4眼(クアッド)カメラとなっているのが違いになります。

「Galaxy Note 10+」でわかっていることは、6.75インチのSuper AMOLEDにQHD+解像度、HDR10+対応となっています。

スポンサーリンク

またどちらのモデルにも、画面下内蔵式指紋センサが採用されています。

カメラについてもいくつかの示唆が出ており、「Galaxy S10」シリーズと同様に、メインカメラが48MP、2倍望遠と超広角レンズ、そして「Galaxy Note 10+」にはToFが搭載されると見られます。

この他のスペックについては、下記のようになると予想されています。

  • Snapdragon 855
  • 8GBRAM
  • 128GB内部ストレージ
  • 防水・防塵
  • 4,500mAhバッテリー(Note 10+)
  • 25W急速充電(Note 10+)
  • 急速ワイヤレス充電対応
  • 逆ワイヤレス充電対応

おそらく現時点での最上位クラスのスペックとなる見込みですので、今後のハイスペックモデルでスタイラスペンの利用があるのであれば、選択肢として間違いなく入ってくると思われます。

発表については、冒頭にも述べたとおり8月7日と予想されていますので、楽しみですね。

参考[Exclusive] Samsung Galaxy Note 10+ Press Renders Leaked in Black & Silver Colors; Key Details Confirmed

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech