Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

インドで「HTC Wildfire X」が発売。Helio P22採用のエントリークラススマホ

HTC-Wildfire-X-image Android

HTCはすでにインド市場において新型スマートフォン投入を予告していましたが、無事「HTC Wildfire X」というモデルが発表、発売となりました。

インド市場におけるHTCは、2018年2月の「HTC U11+」を発売して以来、新機種は投入していなかったため撤退かと思われていましたが、1年半ほどの期間を経て再び新機種を投入した次第です。

「HTC Wildfire X」は、エントリークラスの位置づけとなっているため、インド市場において広く普及させることを狙ったモデルだと思われます。

スポンサーリンク

HTC Wildfire X のスペック

HTC Wildfire X
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.22インチ IPS
1,520×720
水滴ノッチ
CPUHelio P22
RAM3GB
4GB
内部ストレージ32GB
128GB
リアカメラ12MP(メイン)
8MP(8xハイブリットズーム)
5MP(深度)
フロントカメラ8MP
ポートUSB-C
バッテリー3,300mAh
価格3GBRAM+32GB:約15,000円
4GBRAM+128GB :約20,000円

スペックと価格についてはこのようになっています。

2万円以下のエントリークラススマートフォンとして、CPUやRAMはスタンダードなものと言って良さそうですが、リアカメラがトリプル仕様となっているのが特長だと思います。

さらに珍しくmicroUSBではなくUSB-Cを採用しているようなので、最新機器との組み合わせでも使い勝手が良さそうな機種となっています。

また「HTC Wildfire X」には「Mybuddy」という機能があり、どうやら日本のキッズケータイにあるような、緊急時に大音量でアラームを鳴らしたり、位置情報などを友人や家族にライブ送信できたりというセキュリティツールとしても使うことができるようです。

スポンサーリンク

いずれにしても価格を考えれば機能も面白いですし、コストパフォーマンスは悪くないかと思います。

サブ機としてはもちろん、子供用の1台としてもまさにぴったりかと思いますが、あくまでインド市場向けなので、グローバルモデル等々についての話題はとくに出ていないようです。

発売は8月22日からということなので、それ以降もしかしたら他でも出るかもしれませんが、あまり期待はできなさそうですね。

HTC Wildfire X launched in India, Staring price Rs 9,999

Android
スポンサーリンク
HelenTech