Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

モトローラから「Motorola One Zoom」が発表となりました。リア4眼カメラのミドルレンジ

motorola-one-zoom-main Android

当ブログでは、過去に何度かリークをお届けしてきたモトローラの新しいスマートフォン「Motorola One Zoom」が、IFA 2019にて無事に発表されたようです。

おおよそリークどおりのスペックという感じですが、カメラの性能も明らかになりましたので、改めて「Motorola One Zoom」のスペックをまとめておきます。

スポンサーリンク

Motorola One Zoom のスペック

 Motorola One Zoom
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.4インチ OLED
2,340 × 1,080
CPUSnapdragon 675
RAM4GB
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD
リアカメラ48MP(QuadPixel f/1.7 OIS)
16MP(広角 117°)
8MP(望遠 3倍光学ズーム OIS)
5MP(深度)
フロントカメラ25MP(f/2.0)
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー4,000mAh
18W急速充電
その他ディスプレイ内蔵式指紋センサ
サイズ158×75×8.8mm
重さ190g
価格449ドル

スペックと価格はこのようになっています。

ディスプレイは、6.4インチで水滴ノッチを採用したフルHD+解像度となっています。

CPUはSnapdragon 675を採用しており、4GBRAM標準となっていますので、スペックとしてはミドルレンジクラスのスマートフォンです。

しかし、機能面ではフラッグシップモデルと何ら変わらない雰囲気になっており、ディスプレイ内蔵式指紋センサにリアカメラが4眼(クアッド)仕様になっているのが特長です。

スポンサーリンク

カメラの構成は、48MPのメインカメラと16MP広角、8MP望遠、5MP深度となっています。

48MPのメインカメラは、4つの画像を合わせてより色彩や明るさを表現するQuad Pixelの技術が採用されているため、標準では出力画像は12MPとなっています。

カメラにいろいろと期待されていた「One Zoom」でしたが、この他のカメラについては、特筆すべきところがないのが残念です。

ただ、メインカメラの他、8MPの望遠カメラに光学式手ブレ補正(OIS)機能も搭載されているのが特長です。

カメラ以外の仕様については、4,000mAhバッテリーとこのクラスにしては比較的容量が大きいですが、やや重さがあるような印象です。

価格も決して安価なものではなく、米国で449ドルから販売が開始されるようです。

また、Amazon限定モデルもあるようですが、これについては販売国が限定されているようで、ヨーロッパ圏がその対象となっているようです。

おそらく、Amazon専売モデルでなくても米国Amazonには登場すると思いますが、今のところまだないようなので、「Motorola One Zoom」について気になる方は、モトローラの公式ブログ(英語)を御覧ください。

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech