Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

「AGM M5」というAndroid Go搭載のフィーチャーフォンが年内に登場予定

rumor-agm-m5-imageAndroid

今回は初めて紹介するブランド「AGM」から、Android Goを搭載し、タッチスクリーンとMIL-STD、IP68の堅牢性に準拠した、フィーチャーフォンスタイルの「AGM M5」というデバイスが、年内に登場する可能性があります。

伝統的なフィーチャーフォンという雰囲気の外観ですが、Snapdragon 210と1GBRAM、8GBストレージを搭載し、4G-LTEにも対応しています。

さらにスクリーンはタッチ操作に対応しており、Android Goが動作するため、おそらくGoogle Playストアアプリを導入することもできるので、かなり汎用性の高いフィーチャーフォンとなるようです。

また、AGMのスマートフォンやフィーチャーフォンは、MIL-STD 810Gに準拠した堅牢性やIP68相当の防水・防塵性能を有しており、この「AGM M5」も同様の性能となっています。

スポンサーリンク

バッテリーの取り外しも可能ですし、背面に強力なライトも備えられているため、アウトドアなどでも活躍できそうなモデルとなっています。

最近この手のモデルは、Kai OSを搭載するものが多くなっていますが、Android Goを搭載するため、おそらく全ての画面で日本語表示も問題ないでしょうし、もしかしたら日本語入力も可能になることが期待されます。

価格についても不明ですが、これまでのモデルを見る限り、日本円では1万円前後で買えるようですね。

いずれにしても、年内に発表する予定としていますので、リリースされればかなり面白いモデルだと思います。

まだ公式サイト上には情報が登場していませんが、この他にもスマートフォンなどがありますので、興味のある方はサイトをチェックしてみてください。

ちなみに日本のAmazonにも「AGM」の似たモデル(2G対応過去モデル)が掲載されていましたので、参考までに。

使い勝手が気になるところですが、ユニークなモデルと言えそうですので、発売された買おうか検討中です…。

参考 Rugged AGM M5 Coming With Android Go & T9 Physical Keyboard