YouTube始めました!チャンネルはココから

ファーウェイが「MediaPad M5 Lite」のメモリとストレージ増設モデルを発表

huawei-mediapad-m5-lite-updateAndroid

8インチタブレットの強力な選択肢として名高い、ファーウェイの「MediaPad M5 Lite」ですが、5月に発売されたモデルからRAMとストレージを増設したモデルを発売すると発表しました。

LTEモデルが11月29日から、Wi-Fiモデルが12月20日から順次発売となりますが、Wifiモデルのみカラーはシャンパンゴールドのみとなるようです。

一応、スペックを紹介しておきます。

スポンサーリンク

スペックについて

 MediaPad M5 Lite
ディスプレイ8インチ IPS
1,920 × 1,200
CPUKirin 710
1.7-2.2Ghz(8core)
RAM4GB
内部ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C
カメラメイン 13MP
フロント 8MP
バッテリー5,100mAh
サイズ縦204.2 × 幅122.2
× 厚み8.2mm
重さ310g
価格(Wifiモデル)26,800円(税抜)
価格(LTEモデル)30,800円(税抜)
その他オリジナルカバー同梱

スペックと価格はこのような感じになっています。

性能面では、Kirin 710を搭載したミドルレンジクラスのスペックとなっていて、8インチに高精細なフルHD、IPS方式のディスプレイを搭載しているため、ネットや動画閲覧、簡単なゲームまで幅広く対応のできるタブレットとなっています。

今回のアップデートで、内部ストレージが64GBに増設されたので、動画や画像、本データなどの保存に余裕ができましたし、これまでどおりmicroSDにも対応しているので、いざとなっても増やせるという強みもあります。

私もファーウェイの8インチタブレットは使っているので、今回のモデルはより長く使うためには良い選択肢かと思います。

ただ、市場想定売価がいずれも税抜で25,000円を超えてきているので、現在販売されているモデルよりもスペックが上がる分、値段も少し上がったかなという印象があります。

それでも十分コストパフォーマンスに優れていると思いますが、スペックをそこまで重視せず、低価格かつバランスを求めているのであれば、現状のモデルを選ぶという選択肢も悪くないかと思います。

繰り返しになりますが、LTEモデルが少し早く11月29日から発売、Wi-Fiモデルが遅れて12月20日から発売となっていますので、できるだけ早くほしい方も現行モデルを選ぶというのも選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

参考 HUAWEI MediaPad M5 Lite 8″ 公式サイト

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech