YouTube始めました!チャンネルはココから

Samsungの「Galaxy S20+(Plus)」の実機画像と一部スペックがリークされました

samsung-galaxy-s20-plusAndroid

せっかくのGalaxyつながりですので紹介しておこうと思いますが、Samsungの次期フラッグシップモデル「Samsung Galaxy S20+」と思われる実機の画像(写真)と動画、一部のスペックが突如リークされました。

すでに「S20」に関する情報がリークされているので基本的な情報は「S20」と大きく変化がないかもしれません。

スポンサーリンク

今回明らかになった情報

まず、「Samsung Galaxy S20+」のディスプレイは、3,200×1,440という高解像度で20:9のアスペクト比であることがわかりました。

galaxy s20 plus display-Samsungの「Galaxy S20+(Plus)」の実機画像と一部スペックがリークされました

しかし、正確な画面サイズはわかっていないこと、これまでのウワサに登場していた6.3インチや6.9インチとはまた違うサイズになる可能性があります。

ディスプレイの下にはもちろん指紋センサは画面下に内蔵されていますが、どうやらこの指紋センサは、一般的になりつつある光学式指紋センサではなく超音波センサとなっている可能性が高いようです。

技術的な仕組みはさておいて、光学式であればディスプレイのセンサ部分が明るく点灯するようですが、この画像ではしていないことを考えると、超音波式を採用しているのではないかということですね。

また、「Samsung Galaxy S20+」は120Hzリフレッシュレートのディスプレイを採用することも今回のリークで明らかになっています。

display refresh rate 120hz S20-Samsungの「Galaxy S20+(Plus)」の実機画像と一部スペックがリークされました

もちろん、60Hzとの切替が可能になっていますが、Samsungとしてはこのモデルが初の60Hzリフレッシュレート超えのスマホとなるようです。

ただ、やっぱりフルHD+までしか120Hzに対応していないようで、「Galaxy S20+」の最高解像度ではこのリフレッシュレートは使用できず、60Hzに制限されるのがちょっと残念かも。

スペックについて

今回の情報では、CPUなどの詳細については明らかになっていませんでしたが、画像リークによりいくつかの情報が出ています。

これを見た限りでは、11GBRAM(おそらく12GBRAMとして)を搭載し、128GBのストレージ、おそらくSnapdragon 865となる予想ですので、当然ながらハイエンドスマートフォンとなります。

また、バッテリーも4,500mAhと大容量のようですので、かなり使い勝手の良さそうなモデルに仕上がるのも間違いなさそうです。

また、この他の実機外観については、「S20」の短い動画がアップロードされています。

動画でも見た感じ、ヘッドホンジャックがなくなっているのが現行からの最大の変化…な気がしなくもない。

S20 Hands on Video

とりあえず今回のリークを見た感じでは、やっぱり「Samsung Galaxy S20+」もバランスの良いハイスペックなモデルになりそうなので、登場に期待ですね。

参考 Exclusive: Leaked Samsung Galaxy S20+ Hands-on confirms 120Hz display, ultrasonic under-display fingerprint scanner, and no headphone jack

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech