IFA2018でお手頃価格の「Blackberry KEY2 LE」が正式に発表されたようです!

IFA2018で「Blackberry KEY2 LE」が正式に発表されたようです!お手頃価格なのできっと… Blackberry

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

いよいよ来ました!IFA2018にてBlackberryが今年発売されたばかりの「KEY2」の廉価版となる「Blackberry KEY2 LE」を正式に発表しました。

これまでにもウワサ程度でスペックがちらほら出てきたり、筐体がリークされたりと情報は決して少なくなかったわけですが、ようやく内容が明らかになりましたし、価格についてもはっきりしました。さらに外観についても、3色展開となるようです。

どうしても最近のBlackberryは価格が足を引っ張ることが多かったように思いますので、この廉価版の登場は今後の人気を左右するんじゃないでしょうか。

ということで、「Blackberry KEY2 LE」のスペックをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「Blackberry KEY2 LE」のスペック

Blackberry KEY2 LE
OSAndroid 8.1 Oreo
ディスプレイ4.5インチ IPS
1,620 × 1,080
CPUSnapdragon 636
1.6-1.8(8core)
RAM4GB
内部ストレージ32GB
64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
ポートUSB-C
その他スペースキー指紋センサ
デュアルSIM
カメラメイン 13MP+5MP
フロント 8MP
バッテリー3,000mAh
サイズ縦150.25 × 幅71.8 × 厚み8.35 mm
重さ156g
価格32GBモデル:約45,000円
64GBモデル:約50,000円

スペックについてはこのような感じになっています。
価格を考えるとなかなか良い仕上がりのようですね。「Classic」を思い返すとこの価格でこのスペックは羨ましい限りだと思います。

採用されているCPUはSnapdragon636で、「KEY2」の660と比べるとやや性能的には劣るものの、普段使いの機種としては必要十分なスペックを有しています。ただゲームなどは向いていないと思いますが、Blackberry端末でゲームする人ってそこまで多くないような気がしますから問題はないかと。

RAMとストレージについては、廉価版ということもあってやや抑え気味となっています。しかしmicroSDによる増量が可能になっていますので、データをスマホに保存する方でもそこまで不便のない容量になっているかと思います。

「KEY2」と大きな違いとなるのは、採用されているメイン(リア)カメラの性能が12MP+12MPではなく、13MP+5MPのデュアル仕様となっていることかと思います。
海外レビューなどでは、「KEY2」のカメラ、とくにズーム機能についてはあまり評価が良くなかったので、廉価版「KEY2 LE」ではズーム機能をそこまで重視せず、基本的な使い勝手を優先したという感じでしょうか。この点については実機でないとなんとも言えないのでこの程度にとどめておきます。

フロントカメラについては変わらず8MPとなっていますし、大きな変更もないようなので割愛。

スポンサーリンク

少々気になる点といえば、バッテリー容量が「KEY2」よりも減って3,000mAhとなっているところでしょうか。
「KEYOne」含めバッテリーの持ちが良い印象がありましたが、この容量削減がどう出るか心配なところではあります。
ただ先程も書いたように、ネットやゲームをずっとやるような端末でもないと思うので、おそらく日常生活に置いてすぐバッテリーが切れるというようなことはないかと思います。

あとは今回の「LE」も「KEY2」同様にSPEEDキーが採用されていますし、キーボードの質感もマットな感じに仕上がっています。

IFA2018で「Blackberry KEY2 LE」が正式に発表されたようです!お手頃価格なのできっと…

もちろんキーサイズも変わらずなので、入力のしやすさは変わらずに良さそうなのがありがたいところではないでしょうか。

最後に価格ですが、32GBモデルは約45,000円、64GBモデルは約50,000円と、「KEY2」よりも2万円程度安く設定されているのはとても良いことかと思います。
現状でも「KEYOne」程度のスペックがあればそこまで困ることなく使うことができますので、「KEY2 LE」のスペックであれば同様に問題なく動くはずですから、この価格で新型を試すことができると思えばかなりお得なモデルに仕上がっているといえます。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと「Blackberry KEY2 LE」のスペックをまとめてきましたが、個人的にこの端末はアリだと思います。

というのも、「Blackberry KEY2」はスペックもまずまずなので価格もそれなりになっていますが、そこまでスペックが必要ないし、試しにBlackberry端末を使ってみたいという方はいらっしゃるかと思います。

そんな方々には、この「Blackberry KEY2 LE」であれば5万円を切る価格で最新モデル(外観は)を使うことができるわけなので、物理キーボード付きスマートフォンを試したいと思う方には手の届きやすい1台になっているんじゃないでしょうか。

ちなみに「Blackberry KEY2 LE」の発売は、ドイツ、イギリス、フランス、カナダ、アメリカ他で来月から発売されるようですが、日本についてはまだ不明となっています。
おそらく国内で流通するとすれば、現在のBlackberry正規代理店となっているFOXがリリースすることになるかと思います。

とりあえず現状では日本国内での正規入手は待ちとなりそうですが、物理キーボード端末を試したい方は「Blackberry KEY2 LE」の販売を待つというのも方法の一つかもしれませんね。

BlackBerry KEY2 LE - BlackBerry Mobile | Germany - Official Website

ちなみにベースの「Blackberry KEY2」については、実機レビューを行っていますのでよろしければご覧くださいませ。

日本で発売前の「Blackberry KEY2」を開封と実機レビュー。とにかくキーボードが気持ち良い!

参考:
BlackBerry Key2 LE: hands-on preview
BlackBerry KEY2 LE hands-on review

Blackberry
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net