Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

Unihertzが「Titan」というAndroid搭載版「Blackberry Passport」みたいな端末を公開

Blackberry

久々にBlackberryの話題…ではなく、「Blackberry Passport」に似た物理キーボードを搭載したデバイスで、Androidで動作するUnihertzの「Titan」というデバイスが気になったので取り上げていこうと思います。

ただ、この「Unihertz Titan」は、まだ発売されているわけでも予約が開始しているわけでもなく、Unihertzの公式サイトで動きが出てきて、そろそろKickstarterに登場するかもという段階です。

ちなみに、私はUnihertzと聞いて一瞬わかりませんでしたが、世界最小タフネススマホを謳う「Atom」の会社でした。

ということで、現在目標として公開されているスペックを紹介。

スポンサーリンク

「Unihertz Titan」のスペック

unihertz-titan-spec-01

Unihertz Titan
OSAndroid
ディスプレイ4.5インチ IPS
1,440 × 1,440
CPU
RAM
ストレージ
バッテリー6,000mAh
ワイヤレス充電対応
その他QWERTY配列物理キーボード
Dual SIM / Global LTEサポート
指紋センサ / フェイスアンロック
NFC対応
IP67相当 防水・防塵
耐衝撃
早期価格199ドル

スペックについてはこんな感じです。

ディスプレイサイズを見ただけでも、「Blackberry Passport」にインスパイアされたモデルであることがわかりますね。

しかし現時点では、この手のデバイスで肝心なCPUとRAMについては明らかになっていないので、心配と言えば心配ですが、機能面ではかなり充実したデバイスであることはわかります。

防水・防塵などの堅牢性も嬉しいところですが、個人的に「Blackberry」の物足りないところだったワイヤレス充電を本当にサポートしてくれるなら、そこが一番嬉しいかな。

肝心のキーボードですが、最近のBlackberryデバイスのストレートタイプとは違う、やや角度をつけたもので、「Passport」よりも物理キーが増えているため、扱いやすそうには思います。

unihertz-titan-spec-02

左上がシフトキーで、右側が言語入力切り替えになるんだと思いますが、これがあるだけでも文字入力の快適さ、とくに日本語だと助かりそうな印象です。

ただ、実際の動作感はまだわからないので、ハンズオンなどが出てこないと何とも言えないところだったりしますが。

スポンサーリンク

あとこの「Unihertz Titan」も、SIMカードをサポートしているだけでなく、通話もサポートしているようです。

unihertz-titan-spec-03

左側の画面が通話ダイヤルになっていますので、通話可能と判断して良さそうですね。

となると、この「Unihertz Titan」は、まさにAndroidを搭載した「Blackberry Passport」というイメージのようです。

ただ、あまりに「Blackberry」に似ているので、何かしら法的な問題が生じて発売できない…とかなったらどうしようと思ってしまいます。

いずれにしても、現段階では、公式サイトにページが登場し、Kickstarterに近々出すよ!という告知が出たところですので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

「Unihertz Titan」の詳細ページはこちら。

Unihertzの公式サイトはこちら。

私?もちろんメール登録しました(笑)

Blackberry
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech