Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4XL」のコードネームが明らかに。

pixel 4 4xl image Google

さて、当ブログでは以前にもGoogleの謎のデバイス「Coral」というコードネームの機種について取り上げていましたが、どうやらこの機種は当時のウワサのさらに先の機種であったようですね。

当時は、Chromebookか「Pixel 3a / 3a XL」かもしれないという話になっていましたが、今回次期フラッグシップスマートフォン「Pixel 4」のコードネームが「Coral」であることが明らかになりました。

さらに「Pixel 4 XL」が「flame」というコードネームであることも明かされています。

スポンサーリンク

海洋生物に関する名前?

今回明らかになったのは、Googleアプリのベータ版から。

Pixel-4-xl-coral-flame

このようなコードになっているため、「Pixel 4」がCoral、「Pixel 4 XL」がflameであることがわかります。

コードネームの由来はどうやら海洋生物に因んでいるようで、サンゴとエンゼルフィッシュの名前になっているみたいですね。

なお一説によれば、すでに情報が出回っている「Pixel 3a / 3a XL」に付けられる可能性もあったようですが、結局そっちには「Bonito」と「Sargo」という魚の名前がつけられています。

ちなみに、Googleが今後リリースを検討している「Google Pixel Watch」には、「Medaka」というコードネームが付いているそうです。

スポンサーリンク

さて、スペックについてですが、現状ではまだまだはっきりとしたことはわかっていません。

しかし前回の記事でGeekbenchに登場した「Coral」というデバイスが、Snapdragon 855と6GBRAMを搭載してテストされたことを考えれば、次期的にもおそらく可能性としては高いと思います。

もちろん、このベンチマークが信用できるかどうかというところが問題ではありますが、あり得ないことではないでしょう。

またこれ以外に、おそらくリアカメラ、フロントカメラともデュアルカメラを搭載し、ディスプレイ内蔵式指紋センサを搭載することも期待されています。

これについては、以前リークされた画像を見ていただければイメージがつかめるかと思います。

現時点ではこのような感じですが、今後情報が出てくるはずですのでまとめていければと思います。

なお発表次期も定かではありませんが、これまでの流れを考えると10月頃であることが期待されています。

あと今回のコード上からわかったことで、「Needlefish」という謎のデバイスも含まれているようです。

こちらについても分かり次第まとめたいと思います。

参考Codenames surface for Google ‘Pixel 4’ and ‘Pixel 4 XL’

Google
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech