Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

Googleが「Pixel 4 / 4XL」をついに発表!日本は10月24日から販売開始

pixel-4-rumor-imageGoogle

Googleの「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」については、これまでに何度も情報をお届けしてきましたが、ついに本日発表となりました。

公式がデザインについてツイートを行い、スペックなどもリークされてきていますし、すでに多くのメディアで記事が投稿されていますので、ある程度の情報は皆さんもご承知のことと思います。

また先にお伝えしておくと、これもご承知のとおりだと思いますが、日本国内での発売は10月24日からということで、Googleストアからの購入の他、ソフトバンクからも発売となっています。

今回は、auとドコモは発売を見送ったようですね…そこがちょっと残念。

と、いうことで今回は「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」のスペックをまとめておきます。

スポンサーリンク

Pixel 4 と Pixel 4 XL のスペック

pixel4 pixel4 xl image 800x600-Googleが「Pixel 4 / 4XL」をついに発表!日本は10月24日から販売開始
 Pixel 4Pixel 4 XL
ディスプレイ5.7インチ 
フルHD+
最大90Hz OLED
Ambient EQ
6.3インチ
QHD+
最大90Hz OLED
Ambient EQ
CPUSnapdragon 855
RAM6GB
ストレージ64GB / 128GB
リアカメラ12.2MP(f/1.7) Dual Pixel
16MP(f/2.4) 望遠
バッテリー2,800mAh3,700mAh
サイズ68.8 x 147.1 x 8.2 mm75.1 x 160.4 x 8.2 mm
重さ162g193g
その他ステレオスピーカー
Titan M セキュリティ
Face Unlock
Motion Sense
おサイフケータイ(Felica)
付属品USB-C to Cケーブル
18W USB-C充電器
アダプタ
価格64GB : 89,980円
128GB : 103,950円
64GB : 116,600円
128GB : 128,700円 

こちらもスペックについては概ねリークのとおりですが、このようになっています。

なお価格については、すでに国内で発表されているため、その価格(いずれも税込)としています。

どちらもOLEDに90Hzリフレッシュレートのスムーズディスプレイを搭載していて、「Pixel 4」が5.7インチのフルHD+、「Pixel 4 XL」は6.3インチのQHD+となっています。

CPUは、スマートフォンに搭載されるものとしては最上位クラスのSnapdragon 855となっていて、RAMも前モデルより増加された6GBRAMとなっているため、ようやくハイエンドなスマートフォンと呼べるものになったと思います。

ただ、ストレージは64GBと128GBを搭載しているものの、microSDなど外部ストレージのスロットが搭載されていないのが前モデルに引き続きちょっと残念なポイントです。

写真などは、Google Photoアプリでクラウドに保存できるため、そこまで問題はないと思いますが、ゲームや音楽など重いファイルを多く保存する方には物足りない感じになるかもしれません。

スポンサーリンク

そしてデュアル仕様となったリアカメラですが、12.2MPのメインカメラと16MPの望遠カメラが搭載されました。

google pixe 4 4xl photo image 800x600-Googleが「Pixel 4 / 4XL」をついに発表!日本は10月24日から販売開始

どちらも光学式および電子式手ブレ補正機能を搭載しているのも特長的で、さらに夜景モードが強化されたようで、どこにいてもキレイな写真を手軽に撮影できるスマートフォンに仕上がっているようです。

「Pixel 3 / 3 XL」の時点でも、夜景モードの撮影能力は高く評価されているため、この強化点はかなり嬉しいかと思います。

フロントカメラは引き続き8MPとなっていますので、自撮りをメインで考える方にはここは少し物足りないポイントかも。

嬉しいポイントと言えば、ワイヤレス充電に対応していること、国内向けとして販売されるモデルは、おサイフケータイ(Felica)に対応しているという点が挙げられます。

ちなみにワイヤレス充電ですが、専用のPixel Standを使うことで10Wの高速ワイヤレス充電が可能になりますが、その他のワイヤレス充電器だと5Wに制限されるんだとか…。そこが少々ネックか。

とはいえ、個人的には、「Pixel 3」を手放せなくなったポイント2つでもありますので、この機能をしっかり搭載してきたのは良いところだと思いますね。

反対に残念なところと言えば、「Pixel 4」は前モデルよりバッテリー容量がやや減少していることと、ウリであるSoli Raderを使ったジェスチャー機能Motion Senseが現時点では対応していないことでしょうか。

しかしMotion Senseについては、機能は搭載しているので技適の問題がクリアできれば、来年春頃にはアップデートにより開放することを予定しているため、いずれは日本でも使えるようになります。

この他、文字起こし機能についても、現時点では英語のみ利用可能になっていますが、多言語化の対応を進めているということなので、こちらもいずれは日本語での利用が可能になるはずです。

スポンサーリンク

ということで、今はまだ真の力を出し切れていない「Pixel 4 / 4 XL」ですが、それでも十分過ぎるほどのハイスペックスマートフォンに仕上がっていると思います。

さらにFelicaにも対応しているため、日常使いのモデルとしても申し分ないですね。

ただ、ハイエンドであるが故になかなか良いお値段となってしまったのも事実です。

Pixel 4Pixel 4 XL
64GB89,980円116,600円
128GB103,950円128,700円

いずれもGoogleストアの税込み価格となっていますが、「Pixel 4」の64GB以外は10万円超え…なかなか悩ましいところだと思います。

ただ今回は、キャリアではソフトバンクが取り扱うことになっているため、ストアでの一括や分割が厳しい場合には、ソフトバンクで回線と一緒に割賦で購入することが可能になります。

個人的には、どちらで選んでもFelicaなど国内仕様の機能は搭載されているので、好みの問題だと思いますが、料金など気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

それにしても思っているより高めの値段だったな。
Oh So Orangeが欲しいけど、ちょっと考えちゃうな。

Google
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech