Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー! Nokia
みなさんこんにちは、へれん( @Helen_Tech)です。
先日、慌ててスペックについて記事をまとめている「Nokia 1」ですが、ようやく届きました!
スペックなどの部分については以前の記事を参考にしていただいて、今回は実機を触ってみての感想などを中心としていこうと思います。
前回の記事はこちら。
ちなみに私、Android Goを採用しているスマートフォンは初めてなのでよくわかっていませんが、悪しからず。
ということで、ノキアのエントリースマホ「Nokia 1」の実機レビューをしていこうと思います。
スポンサーリンク

「Nokia 1」 開封の儀

正直、開封っているんでしょうか。自分で書いていてよくわからなくなります。
書くネタもなくなっちゃうので書きますが(笑)

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

とりあえず今回も海外通販サイトのETORENを使って購入しています。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!
まずは箱から。Nokiaらしい手を繋いでいる写真。いままでの箱とは違って、大人と小さい子どもの手になっていますね。
実際に触って思ったのは、おそらくキッズ向けに利用を考えているのだろうと思いましたので、この写真もちゃんと意味のあるものなんだなあと今さらながらに思いました。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

こちらが裏面。ここでもシンガポールでは2Gが…という「Nokia 8110 4G」の箱書きにもあったとおりシールが貼られています。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

箱の側面にはスペックが書かれています。
ご覧のとおりエントリーというかローエンドモデルですね。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

さらに反対側の面には「Nokia 1」のロゴが書かれています。
ちなみに購入しているのは、TA-1047という型番のもので、対応バンドは下記のようになっています。

4Gネットワーク
FDD-LTE Band 1, 3, 5, 7, 8, 20
TDD-LTE Band 38, 40
3Gネットワーク
HSDPA 850, 900, 2100MHz
2Gネットワーク
GSM 850, 900, 1800, 1900MHz
ドコモであればLTEと3Gも一応掴めますし、ソフトバンクであればいずれもすべてのバンドに対応しています。今回はアジア版で良かった…。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

中身を出すのは、開けるというか短い側面から引き抜く感じで出します。

このときの感想についてはツイッター見られた方はご存知でしょうが、「すっご、本体見た目のわりに軽いなあ」と思ったんですよ…。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

こちらが箱の中身すべてになります。ご覧の通り、バッテリーは取り外し可能なタイプなので最初は外れてましたね。忘れてました。
とは言っても、昨今の大型スマホに比べれば軽いです。

内容物ですが、下記のものがありました。

  • バッテリー
  • 充電器
  • microUSBケーブル
  • イヤホン
  • 取説(言語別)
充電器は3ピンのやつなので使えませんが、ポートはmicroUSBなので既にあるもので活用ができると思います。
ということで、本体。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

もうこの写真だけでレトロなスマートフォン感が出ています。ちなみにフロントカメラは2MPなので自撮りは…誤魔化すことができるかもしれませんね。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

本体裏面。今回は仕事で通話用に使うつもりなので、ポップな赤ではなくネイビーにしました。

ネイビーではあるんですけど、黒と言われてもそんな違和感ないくらいの濃さです。
触り心地としては、本当にツルツルすべすべのプラスチックです。オモチャっぽい感じがたまらなく良いですね。「8110」の方がなんとなく丈夫に感じるくらいオモチャっぽい。

では外観を見ていきましょう。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!
こちらが本体上部。イヤホンジャックのみ。
Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

本体下部です。microUSBポートがあります。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!
こちらが本体側面。ボリュームキーと電源キーです。反対側の面は何もないので撮影しませんでした…。
では、裏蓋を開けてバッテリーを入れてみます。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

昔のケータイみたいにパカっと開けます。「8110」は固く感じましたが、「Nokia 1」は簡単に外せた気がします。もしかしたら「Xpress-on-Cover」でカバーの付け替えを楽しむため、固くしすぎないようにしてるのかも。

またお気づきの方もいるかと思いますが、日本の技適は取得していません。当然といえば当然ですが…。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

こちらがSIMスロット部分。デュアルSIMです。しかもこの手のエントリースマホにしては珍しくどちらもnanoSIMです。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!
とりあえず今回はそのままバッテリーを入れて起動。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

「POWERD BY android go edition」のロゴが出ます。
反射でNokia7Plusが写ってますがすみません。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

しばし待つと「NOKIA」のロゴ。ちゃんとNokiaTuneも流れます。
ここまでに大体20〜30秒くらいです。体感で言うと「8110」よりも早く起動した感じ。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!
起動しました。ここから先はいつもどおりAndroidスマホの設定なので割愛。
この時点で日本語を選ぶことはできませんのでご注意ください。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!
アップデートを2〜3回行い、無事に待受画面となりました。
ついつい我慢できずに触ってしまったので、アプリの配置が変わっていますが、ほとんどふつーのAndroidスマホです。
ただアプリの一部、Google、Gmail、Files、Assistant、Mapsに関しては「Goアプリ」となっていますが、それ以外はいつもどおりのAndroidアプリです。
スペック的に利用できるかどうかはありますが、インストールだけなら別に制限もないようです。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

こちらがアプリのSS。Keepはインストールしましたが、それ以外は初期のままです。
本当に必要最低限のアプリしか入っていません。このあたりAndroidOneと同じような感じです。

ちなみにこの時点で日本語化のために「MoreLocale 2」をインストールして試してみましたが、やっぱりADBでパーミッション付与しないとダメでした。とはいえ、純Android端末なので「8110」とは異なり日本語化は可能ということだけお伝えしておきます。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

ADBうんぬんがわからない!って方でも、簡単な英語ならわかる方やずっとAndroidスマホを使ってきた方であればアプリストアからGoogle日本語入力をダウンロードすれば日本語で文字が打てますし、日本のアプリストアからダウンロードしているものは日本語表示になるので(もしかしたらオプションとかは英語のままかも)、「8110」に比べると導入の敷居は低いと思います。

ということで、SIMを挿してみました。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

4Gをちゃんと認識しているようです。待受画面では左上に「NTT DOCOMO」という表示は出ていませんので最初焦りましたが、ロック画面には表示されているので問題はないんでしょう。
もちろんデータ通信は可能です。テザリングも問題なく使用できました。

そして試しに電話を受け取ってみます。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

漢字を使えば良かったと思いましたが、ひらがなとカタカナがきれいに表示されていますので、漢字もおそらく文字化けとかはしないはずです。というか連絡先では問題なく日本語表示されていたので問題ないと思います。
このあたりについては、すでにNokiaのスマホを2台所有していますし、いずれも不具合等ないので「Nokia 1」も例に漏れず大丈夫なはず。
スポンサーリンク

少し使った感じでは実用性は問題なし

正直スペック的には大丈夫かこれ…と思っていましたが、触ってみると意外にも普通に動きます。
もちろん最新のハイスペック機やミドル〜ハイの「Nokia 7 Plus」や「Blackberry KEYOne」と比べれば、そりゃあ動作はもっさりするときもありますし、反応が遅いこともあります。

しかし、電話をかける&受ける、メールする&見る、ネットしたりニュース見たり、電車の時間を調べる…程度の作業であればほとんど問題はありません

とにかく思ったのが、ものすごく快適というわけではないですがこの価格でこれだけ動けば十分じゃんということ。

そして日本語の表示はもちろんのこと入力だってできますし、全体を日本語化することも可能ですから、そういった意味では「Nokia 8110」よりも扱いやすい機種だと思います。

スポンサーリンク

では「8110」よりもオススメか?

ここについては私は何とも言えません。扱いやすさや実用性では「Nokia 1」に軍配が上がりますが、じゃあ実際にどこまで使うかと考えたとき、どっちもどっちなんですよね。

むしろデザインやネタという意味では「8110」が間違いなくユニークで面白いですし、価格帯も同じな上に電話機としてはバッテリーの持ちも含めて「8110」の方が上と言えます。わざわざ低スペックのスマホを苦労してまで買う必要はないですからね。
本当に電話しかしない、というのであれば「8110」を選ぶ方が良いかと思います。

電話以外のあれこれをしたいけどそんな価格の高いスマホはいらないし、スペック低くても構わないということであれば「Nokia 1」は遊べる機種だと思います。いずれにしても他の人と被ることはまずないでしょうし、そこまでして欲しいという方は得てして自分で調べて設定などもできることの方が多いと思います。

あるいは、箱のデザインのように子どものために購入して、自分で色々工夫させて使わせるというような目的であれば、「Nokia 1」はとても良い機種じゃないでしょうか。安価で買い替えもききますし、機能・動作も最低限以上は動きますからね。

日本のようにスペック至上主義で選択肢も多いとなかなか手を出しにくいところもありますが、このおもちゃ感がかえって楽しい機種なので、気になっている方は試しに購入するのが良いかもしれません。安いです。

この比較については、しばらく使ってみて記事にできそうならしようと思っていますので。

スポンサーリンク

まとめ

あまり書いてもダラダラしてしまうのでやめますが、個人的にはこの「Nokia 1」は買ってよかったと思います。
というのも、直前に購入した「Nokia 8110 4G」はとにかく設定含めて大変(面倒)なところがあるので、それに比べればスペックが低いだけでAndroidな「Nokia 1」は素直で扱いやすかったと思います。

日本語表示や入力、日本語化も可能なこの「Nokia 1」は、通話をメインと考えている2台目や子どもに使い捨て感覚で買ってあげるスマホとしては最適な1台だと思います。ぶっちゃけた話、無理して「Nokia 8110 4G」を購入するより「Nokia 1」で良いじゃないかなって思ってしまいます。ただユニークさがメインの「8110」なので、比較するジャンルが違うのもわかっていますけど、両者を比較するとそれくらい扱いやすい&慣れているということです。

ということで、「Nokia 1」のレビューはこんな感じ。難しいチョイスだけど、NOKIA製品が欲しい!って方には取っつきやすくて良いかなって思います。
また質問とかあれば、ツイッターでメッセージ飛ばして頂ければ答えられる範囲でお答えします。

余談になりますが、日本でも某輸入業者がNOKIA製品を取り扱うということで話題になっていましたが、そもそも日本語化などをしてくれるわけではないですし、価格も結構高めの印象を受けました。
そうなると個人で輸入しても条件はやや手間がかかるくらいで変わるわけではありませんから、どちらが良いんでしょうね。あまり評判もよくないようですし。

それはさておいて、気づけばNokia製品も4台目…。

Android Goを搭載したノキアのスマホ「Nokia 1」を購入したので実機レビュー!

実は「Nokia 3.1」も予約してあるのでもうすぐ5台目になっちゃうわけですが。
ここまで購入して思うことは、今のノキア製品は価格のわりにまとまっていてコストパフォーマンスは抜群に良いということです。
数ある携帯電話のメーカーの中で世界一と言われたメーカーでしたが、いつの間にかその座を追われ不遇の時を過ごしていたノキアですが、少しずつ盛り返してきたと思います。

今後グローバル展開が予定される「Nokia X6」然り、現行モデルで最も評価の高い「Nokia 7 Plus」然り、今後リリースを期待される「Nokia 9」などフラッグシップモデルもコストパフォーマンスの高い製品に仕上がっています。

ですので、もっと日本でも(非正規ですが)人気が出れば良いなと思います。
今後もノキア製品の情報はバンバン出していきますからね!

Nokia
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net