Nokiaの新型「TA-1124」がFCC認証を通過。Snapdragon 439を採用するエントリースマホ。

Nokia 3.1 plus official image Nokia

みなさんどうも、へれん(@Helen_Tech)です。

実は前々からウワサがあったんですが、スルーしていたNokiaのエントリークラススマホ「TA-1124」が、この度アメリカのFCC認証を通過してある程度のスペックが明らかになりました。

現在わかっている「Nokia TA-1124」スペックについては下記のとおり。

  • 5.99インチ
  • Snapdragon 439
  • 2GBRAM
  • 32GBストレージ
  • リアカメラ 13MP+5MP
  • フロントカメラ  8MP

紛うことなくエントリークラスのスマートフォンのようです。

ただこのスペックから察するに、CPUとディスプレイ解像度は違えども「Nokia 3.1 Plus」と同じような立ち位置、雰囲気のスマートフォンのようです。

関連予想どおり「Nokia 3.1 Plus」が発表されたようです!コスパ良好のエントリースマートフォン

また参考元によると、バッテリーラベルに「Cricket SKU」と表示されていることを発見しており、もしかしたら米国の「Cricket Wireless」専用モデルとしてリリースされる可能性があることを示唆しています。

スポンサーリンク

なおVerizonが「Nokia 2.1 V」という名称で専売することもウワサされていますので、それに続く流れでCricket Wirelessが「Nokia 3.1 Plus」をリリースする…ということなのかもしれません。

現状では発表・発売のタイミングについてはわかっていませんので、情報が出次第改めてまとめていこうと思います。

ちなみに「Nokia 3.1」については当ブログでも実機レビューしていますので、興味のある方はご覧くださいませ。

関連コスパ抜群のエントリースマホ「Nokia 3.1」が届いたので購入したので開封とレビュー!

もしこれで米国市場専用となると…中国や他国では別のエントリーモデルが出るってことなんだろうか。

最新の「Nokia 9」の登場も年明けに期待されていますし、楽しみですね。

参考Nokia TA-1124 with Snapdragon 439 headed to Cricket Wireless, reveals FCC certification

Nokia
スポンサーリンク
HelenTech