「Nokia 6.2」もパンチホールディスプレイ採用?スペックのウワサについて

Nokia(ノキア)スマホの対応バンドをまとめておく Nokia

先日、同じようにパンチホールディスプレイを採用する「Nokia 8.1 Plus」についてレンダリング画像が出てきたことまとめていますが、ここに来て新しいウワサが出てきました。

関連パンチホールディスプレイ採用のノキアスマホのレンダリングが登場!「Nokia 8.1 Plus」の可能性。

今回のウワサは、ノキアブランドを製造するHMD Globalは、「Nokia 6.2」というスマートフォンにもパンチホールディスプレイを採用する可能性があり、一部のスペックについてリークされています。

スポンサーリンク

スペックについて

現時点で確定しているわけではありませんが、今年に入ってTwitterで新規に作られている@LeaksNokiaというアカウントから、この「Nokia 6.2」に関する情報が書かれています。

  • 6.2インチ パンチホールディスプレイ
  • Snapdragon 632
  • 4GBRAM/6GBRAM
  • Zeiss製リアカメラ16MP+デュアル仕様
  • 中国市場で発表

このような感じですね。

これまでの6シリーズ同様に、ミドルレンジクラスのバランスの良さを取った立ち位置かと思います。

「Nokia 6.1」からすると、ディスプレイも拡大していますし、Zeiss製レンズもそのままとも言えますし、そこまで悪い機種ではなさそうです。

ただCPUの処理能力に関しては、Antutuだとトータルスコアに大きな差はないようですが、Graphicに関しては632は改善しているので、スペックアップというよりマイナーチェンジという方があっているかも。

スポンサーリンク

発表時期は1月か2月

ということで、現時点ではこのようなウワサ中のウワサという感じです。

発表については、1月か2月にということらしいので、先日出た「8.1 Plus」とも被るのか、あるいはあの画像が「6.2」なのかはまだ不明なところ。

中国で発表されるようですが、近いうちにEU圏などでも出すというような話もありますが、定かではありません。

詳細な情報が出てくるまでは待つしかなさそうです。

Nokia
スポンサーリンク
HelenTech