「Nokia 5.1 Plus」がもうすぐ米国で販売開始になりそう!B&Hに商品ページが登場。

nokia x5 5 1 plus image Nokia

昨年の7月に「Nokia X5」のグローバルモデルとして発表された「Nokia 5.1 Plus」ですが、ついに米国への進出が間近に迫っているようです!

HMD Global傘下となった「ノキア」ブランドのスマートフォンですが、正規に進出するのは、以前ウワサになったVerizonモデルの「Nokia 2V」と「Nokia 3.1 Plus(Criclet Wireless)」に続く3機種目となります。

すでに米国B&Hでは商品ページが登場しており、いよいよ発売となりそうな感じになっています。

一応、ご存知ない方のために下記にスペックを記しておきます。

スポンサーリンク

スペックについて

Nokia 5.1 Plus
(TA-1120)
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ5.86インチ
1,520 × 720
CPUMediaTek Helio P60
2.0GHz(8core)
RAM3GB
4GB
(6GB)
内部ストレージ32GB
64GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
カメラメイン 13MP+5MP
フロント 8MP
その他指紋センサ
ポートUSB-C
バッテリー3,060mAh
サイズ縦149.5 × 幅72 × 厚み8.01 mm
重さ160g

スペックについてはこんな感じです。

発表時点の記事と異なるのは、発表時はOSがAndroid 8.1となっていましたが、後のアップデートによって最新のAndroid 9 Pieにアップデートされている(できる)ところでしょうか。

あとは6GBRAMモデルというのが存在するようですが、現時点では確認が取れていないので参考程度に。

全体的に価格なりのミドルクラススマートフォンですが、カメラの性能やUSB Type-C採用など、この価格帯にありがちな機種に比べて、割とバランスよくまとまっていると思います。

なお価格帯としては、3GBRAM/32GBストレージのモデルが$199.99になるとしていますので、ヨーロッパでの販売価格とそう大きな違いはなさそうです。

ちなみに型番は「TA-1120」となるようですし、対応バンドにも違いが出てくると思いますので米国経由で購入を検討しようとする方はご注意ください。

スポンサーリンク

発売時期は2月中?

ページができただけで、まだはっきりとした発売のタイミングは決まっていないようです。

ただB&Hのページ表記をみると、7〜10日程度で利用可能になるそうですので、そろそろという表現しかできない感じですね。

とは言っても、今月末にはMWC 2019も控えていますし、発表するならその前後にしておかないと他との兼ね合いで沈んでしまいそうですから、遅くても今月中には動きはあると思います。

これでノキアが米国で展開するとして、日本にもソフトバンクあたりが引っ張って来てくれると嬉しいなあ、なんて思ったりもします。

ちなみに「X5」となるモデルやEU、アジア向けで展開されている「5.1 Plus」は、海外通販サイトでも購入が可能となっています。

個人的にはETORENで輸入したほうが早くて楽ですし、対応バンドの問題もないのでおすすめできそうです。

なおB&Hのページについては下記をご覧くださいませ。

Nokia
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech