Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

ついに「Nokia X71」が台湾で発表!ノキア初パンチホールディスプレイ採用とメインカメラ48MPのトリプルレンズ仕様

nokia x71 image 1200 Nokia

すでに当ブログで何度か情報をお届けしてきた「Nokia X71」ですが、ようやく本日台湾にて発表されまして、その全容が明らかとなりました。

この「Nokia X71」は、ノキアブランドとしては初のパンチホールディスプレイを採用しています。

CPU周りに関してはミドルクラスなスマートフォンと言えますが、カメラ周りが想像以上に盛ってリリースされたにも関わらず、価格もお手頃とかなりコストパフォーマンスが高いスマホに仕上がっています。

また、これまでノキアのスマートフォンのうち、「Nokia X〇」と名前が付くシリーズは中国市場で発表されていましたが、今回は台湾ということで、Xシリーズで中国以外で最初にリリースする端末となっています。

スポンサーリンク

スペック

Nokia X71
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.39インチ
フルHD+
Pure Display
CPUSnapdragon 660
RAM6GB
内部ストレージ128GB
外部ストレージmicroSD
(最大256GB)
リアカメラ48MP+8MP(Wide)+5MP(Depth)
Carl Zeissレンズ
フロントカメラ16MP
ポートUSB Type-C(2.0)
イヤホンジャック
バッテリー3,500mAh
18W急速充電
その他背面指紋センサ
サイズ157.19×76.45×7.98mm
重さ180g
価格385ドル

スペックについてはこんな感じです。

ディスプレイについてはご覧のとおり、パンチホールディスプレイを採用した6.39インチのフルHD+のPureDisplayとなっています。

nokia x71 image 800 01

CPUについては、Snapdragon 660とミドルクラスの性能となっていますが、6GBRAMとこのクラスにしては多めのRAMとなっています。

またカメラ性能が上がったことによる容量不足を懸念してか、内部ストレージ128GBだけでなくmicroSDによる拡張にも対応しています。

スポンサーリンク

そして今回リークどおりとなる48MPというNokiaスマホとしては初となる高画素カメラに、8MPワイドカメラと5MP深度カメラというトリプル仕様になっています。

nokia x71 image 800 02

実際に撮影した画像で判断しないといけませんが、これまでにリリースされたノキアスマホの中でも群を抜いた性能を有している可能性がありますし、かなり期待できそうですね。

対応バンドについては下記のようになっていますので、台湾モデルを輸入しても日本のバンドには対応しているようです。

  • WCDMA: 1,2,5,8
  • FDD-LTE:1,3,5,7, 8, 28, 38,40,41

その他、バッテリー容量もこのクラスとしては十分ですし、価格も385ドルほどとかなりお手頃かと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ようやく「Nokia X71」が発表されて個人的には嬉しく思います。

価格については、さすがに中華スマホと比較すると高いという印象があるかもしれませんが、ノキアブランドを名乗るスマホかつカメラ性能を重視した機種が400ドル以内で購入できると思うと、かなり攻めてきたという印象です。

なお発売は台湾にて4月30日からということなので、興味のある方は引き続きチェックしてみるのが良いと思います。

ちなみに今後「Nokia 8.1 Plus」としてグローバル展開するということなので、台湾モデルではなくグローバルモデルが欲しい方はもうしばらく待つ必要がありそうです。

なお、海外通販サイトのGearBestで「Nokia X71」の取扱が開始していますので参考まで。

GearBestで見る

この前「Nokia 9」を買ったばかりの私ですが、たぶん「Nokia X71」も買うと思います(笑)

Nokia
スポンサーリンク
HelenTech