YouTube始めました!チャンネルはココから

ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表

nokia-ifa-2019-berlinNokia

私としては、ようやく待ちに待ったノキアの新モデルがIFA 2019にて無事発表となりました。

今回発表されたモデルは、リーク通りとなる「Nokia 7.2」と「Nokia 6.2」というスマートフォンが2機種、さらにフィーチャーフォンの「Nokia 110」、「Nokia 2720 Flip」と「Nokia 800」の5機種です。

あと、「Nokia Power Earbuds」なるものも発表されました。

と、いうことで今回は、「Nokia 7.2」と「Nokia 6.2」、「Nokia 800 Tough」「Nokia 2720 Flip」、の発表されたスペックについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Nokia 7.2 のスペック

nokia 7 2 fixe 800x600-ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表
 Nokia 7.2
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.3インチ
フルHD+
PureDisplay/HDR10
CPUSnapdragon 660
RAM4GB
6GB
内部ストレージ64GB
128GB
外部ストレージmicroSD
リアカメラ48MP(QuadPixel f/1.79)
8MP(超広角 118° f/2.2)
5MP(深度)
Carl Zeiss
フロントカメラ20MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー3,500mAh
その他背面指紋センサ
Googleアシスタントボタン
通知LED
サイズ159.9×75.1×8.3mm
重さ180g

「Nokia 7.2」のスペックはこのような感じになっています。

ミドルレンジクラスとしては平均的なスマートフォンですが、リアカメラが48MPメインと8MP、5MPのトリプル仕様で、いずれもCarl Zeiss製レンズを採用していることが特長的です。

円形に配置されたデザインは、Lumiaシリーズを彷彿とさせるものなので、ノキアらしいスマホといえるかもしれません。

カメラに関する処理能力も、「Nokia X71」などから改善しているようで、低照度下での撮影も改善しているような発表内容でした。

スペックから察すると、ディスプレイは水滴ノッチを採用していますが「Nokia X71」をベースにして、トリプルリアカメラ仕様にし、カメラ周りの改善を進めたという印象があります。

CPUなどを見ても、「X71」からの変化はディスプレイとリアカメラという感じですので、ある意味でグローバルモデルと考えても良いかもしれません。

価格はですが、カメラの性能を重視しつつバランスの取れた良いモデルだと思います。

スポンサーリンク

Nokia 6.2 のスペック

nokia 6 2 fix 800x600-ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表
 Nokia 6.2
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ6.3インチ
フルHD+
PureDisplay/HDR10
CPUSnapdragon 636
RAM3GB
4GB
内部ストレージ32GB
64GB
128GB
外部ストレージmicroSD
リアカメラ16MP(メイン f/1.8)
8MP(超広角 118° f/2.2)
5MP(深度)
フロントカメラ8MP
ポートUSB-C
イヤホンジャック
バッテリー3,500mAh
その他背面指紋センサ
Googleアシスタントボタン
通知LED
サイズ159.9×75.1×8.3mm
重さ180g
価格199ユーロ

こちらは「Nokia 7.2」の廉価版的な位置づけの「Nokia 6.2」です。

基本的なデザインに変更はないようですが、採用されているCPUがSnapdragon 636、RAMも6GBRAMがなくなり、3GBRAMか4GBRAMの構成、ストレージは32GBが追加されています。

またメインのリアカメラとフロントカメラの画素数が落とされており、コストを抑えたミドルレンジスマートフォンとなっています。

ディスプレイサイズや解像度だけでなく、バッテリーや機能面でも「Nokia 7.2」と大きく違いはないため、カメラ性能などはおいておいて、できるだけ価格を抑えたいユーザーには面白い選択肢かもしれません。

スポンサーリンク

Nokia 110 のスペック

nokia 110 2019 800x533-ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表

こちらからはフィーチャーフォンになりますので、スペックはざっくりと紹介。

  • Nokia Series 30+
  • 1.77インチ QQVGA
  • 4MB RAM
  • 4MBストレージ
  • microSD(最大32GB)
  • 800mAhバッテリー
  • microUSB
  • 115.15 x 49.85 x 14.3 mm
  • 74.96g
  • 20ドル

こちらはまさしくフィーチャーフォンというか、ケータイ電話という懐かしい感じです。

OSはNokia Seriesですので、これから後に紹介するモデルと異なりアプリのインストールはできません。

いずれにしても日本での利用は想定できないモデルなので、割愛しちゃいます。

スポンサーリンク

Nokia 800 Tough のスペック

nokia 800 tough 800x533-ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表
  • KaiOS
  • 2.4インチ QVGA LCD
  • Qualcomm 205(1.1GHz/2core)
  • 512MB RAM
  • 4GBストレージ
  • microSD(最大32GB)
  • 1,500mAhバッテリー
  • 2MPリアカメラ
  • IP68
  • MIL-STD-810G準拠
  • microUSB
  • LTE Cat.4
  • 161.1×62.1×145.4mm
  • 161g
  • 109ユーロ

スペックとしてはこんな感じになっています。

KaiOSを利用した堅牢性重視のフィーチャーフォンで、一応LTEに対応しているようです。

ただこれが日本でも利用できるかは微妙ですので、海外旅行や海外出張のお供などであれば活用の機会はありそうです。

スポンサーリンク

Nokia 2720 Flip のスペック

nokia 2720 image fix 800x533-ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表

同じくフィーチャーフォンの「Nokia 2720」です。

  • KaiOS
  • メインスクリーン 2.8インチ QVGA
  • サブスクリーン 1.3インチ 240×240
  • Qualcomm 205(1.1GHz/2core)
  • 512MB RAM
  • 4GBストレージ
  • microSD(最大32GB)
  • 1,500mAhバッテリー
  • 2MPリアカメラ
  • microUSB
  • LTE Cat.4
  • オープン 192.7×54.5.1×11.6mm
  • クローズ 104.8×54.5.1×18.7mm
  • 89ユーロ

こちらのスペックはこんな感じです。

Flipの名前のとおり、懐かしの折りたたみケータイになっているため、メインスクリーンとサブスクリーンが搭載されています。

KaiOSで動作で動作するため、TwitterやFacebook、What’sAppを利用することができるので、ただのフィーチャーフォンより活用の幅は広そうですが、日本国内で日本語を利用しようとなると現状では難しいため、海外で英語等を利用する場合に限られそうです。

もちろん通話用であれば別だと思いますが、こちらもCat.4のLTEに対応しているとはいえ、日本のバンドに対応しているかは定かでありませんので、あまり期待しない方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

オマケ – Nokia Power EarBuds

また、今回新たにNokiaブランドの完全ワイヤレスイヤホン「Nokia Power Earbuds」も発表となりました。

nokia power earbuds 800x600-ノキアが「Nokia 7.2」、「6.2」、「110」、「800 Tough」、「2720 Flip」の5つのモデルを発表

先日、「Nokia True Wireless Earbuds」を買って失敗した私には良い話のような悪い話のような…。

79ユーロということなので、たぶん買うと思います。

ということで、今回発表された5つのモデルと完全ワイヤレスイヤホンについて、紹介しておきました。

詳しくは、すでに公式サイトに掲載されていますので、そちらをご覧頂ければ幸いです。

たぶん、「7.2」と「Nokia Power Earbuds」は買うと思う…。