スポンサーリンク

海外では「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」のMediaTek MT8192(Kompanio 820)搭載モデルが登場

review-asus-chromebook-flip-cm3-cm3200-23Chromebook

手頃な価格の12インチChromebookとなる「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」は、今年の3月末に米国に登場し、日本でも5月中旬に販売を開始しました。

「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」は当ブログでもレビューしていますが、MediaTek MT8183を搭載したエントリークラスの性能で、3:2のアスペクト比を採用した12インチディスプレイ、USIペンサポート、手頃な価格とちょうど良いChromebookです。

しかし価格の割に性能が物足りない(ライバルにやや押されている)印象がありましたので、もう少しスペックアップするかユニークなデバイスになればと感じ、非常に惜しいという印象のモデルです。

しかし今回、海外ではCPUがスタンダードクラスの性能が期待されるMediaTek Kompanio 820(MT8192)にアップデートされた「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」が登場し、性能面での物足りなさがカバーされることで良い選択肢になる可能性があります。

スポンサーリンク

スペック

ASUS Chromebook
Flip CM3(CM3200)
ディスプレイ12インチ LCD
1,366 × 912
グレア/タッチスクリーン
CPUMediaTek MT8192(Kompanio 820)
RMA最大8GB LPDDR4X
内部ストレージ最大64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB-A ×1
イヤホンジャック
カメラ720p Webカメラ
バッテリー
ネットワークWi-Fi 5 ac
Bluetooth 5.0
その他USIスタイラスペン対応(別売)
サイズ269.2×215.8×16.8mm
重さ1.149kg
自動更新ポリシー2028年6月

MediaTek MT8192を搭載したモデルは最大8GBRAMまでサポートしているため、スタンダードなChromebookとして位置づけられるようになり、もし現状の価格から大きな変更がなければコストパフォーマンスに優れたモデルになると思います。

ただ、CPUとRAM、Bluetoothのバージョンが4.2から5.0へとアップデートされた以外には、外装を含めて基本的に現行モデルのままとなっています。

リリース時期については明らかにされていませんが、MediaTekが11月末までにこのChromebookの販売が開始される可能性があることを伝えているようなので、価格を含めて近いうちに詳細は明らかになるはずです。

これまでの展開から日本でもMediaTek MT8192搭載の「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」がリリースされる可能性は高いと思いますが、価格次第で評価の分かれるところになりそうです。

国内で販売されているMT8183搭載の「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」の実機レビューは以下の記事をご覧ください。

Source : ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200) Tech Spec, Chrome Unboxed

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech