スポンサーリンク

ASUS JAPANが14インチ「Chromebook Flip CM1(CM1400FXA)」を発表。AMD採用のコンバーチブルモデル

asus-japan-release-chromebook-cm1-cm1400-00Chromebook

ASUS JAPANが本日、14インチのコンバーチブルモデル「ASUS Chromebook Flip CM1(CM1400)」を発表し、10月5日から販売開始となります。

CPUは珍しいAMDの3015Ceというもので、これまでにLenovoの一部モデルなどに採用されています。

ハイエンドモデルではない、14インチのコンバーチブルタイプのChromebookは久々な気がしますので、クラムシェルタイプ以外の選択肢を探していた人にとっては面白い選択肢になると思います。

価格はAmazonでは58,909円となっていて、公式ストアでは64,800円(税込)となっています。

スポンサーリンク

スペック

ASUS Chromebook
Flip CM1(CM1400FXA-EC0010)
ディスプレイ14インチ グレア
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
CPUAMD 3015Ce
RAM8GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
カメラ720p HD Webカメラ
5.0MP アウトカメラ
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
3.5mmジャック
ネットワークWi-FI 5
Bluetooth 5.0
バッテリー最大11時間
その他MIL-STD 810H
防滴キーボード
サイズ326.5×228.8×1.86mm
重さ1.65kg
自動更新ポリシー2029年6月

14インチのフルHD、グレア液晶の広視野角ディスプレイを搭載、珍しいAMD 3015Ceと8GBRAMのスタンダードなChromebookというモデルです。

タッチスクリーンも搭載しているため、360度回転するヒンジでタブレットのように使うことができますが、スタイラスペンには非対応となっている点に注意が必要です。

また大型のChromebookとしては珍しく、インカメラ(Webカメラ)だけでなく5MPアウトカメラがキーボード側パームレスト部分に搭載されています。

写真や動画撮影が可能となるため、黒板・ホワイトボードや資料などを撮影しておくことができるというメリットがあります。

ポート類もUSB-Cが2つ、Aが1つとChromebookとしては一般的なポート数を備えていますので、扱いやすいモデルとなっています。

米国軍規格の堅牢性(MIL-STD 810H)に準拠し、独自の耐久テストクリアや防滴加工がされたキーボードを採用しており、バッテリーも11.6時間の長時間駆動のため安心して使うことができます。

ちなみにキーボードは日本語配列となっています。

なお、自動更新ポリシーの期限についてですが、「Lenovo 300e Chromebook Gen3」と同様の期限になりますので2029年6月までと現状最長クラスとなります。

一方で、14インチながら1.65kgと最近のモデルにしてはかなり重たいこと、採用されているCPUのAMD 3015Ceの性能はベンチマーク上ではCeleron N4020と近い(最新のPentiumなどには劣る)レベルですが、価格は約6万円であるという点がネックと言えるかもしれません。

もし14インチのコンバーチブルタイプで、スタンダードな性能のChromebookを探しているのであれば悪い選択肢ではないと思いますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

なお、数日中に実機レビューを投稿する予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech