Podcastはじめました!サイトはコチラから

ASUS JAPANがChromebook「Flip CM5(CM5500)」と「CX1」の2モデルも販売開始

asus-japan-release-chromebook-flip-cm5-cx1Chromebook

先ほど、「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200)」という機種の発売とレビューを紹介していますが、さらにASUS JAPANは「Chromebook Flip CM5(CM5500)」と「Chromebook CX1」という2つのモデルも国内販売を開始しました。

「Flip CM5(CM5500)」はテンキー付きの15.6インチでRyzen 5搭載のハイエンドモデル、「CX1」はCeleron N3350搭載の11.6インチエントリーモデルとなっています。

「Flip CM5(CM5500)」は本日より公式ストアとAmazonで販売開始しており、価格は79,800円(税込)です。

「CX1」はいまのところ公式ストアのみで事前注文受付中となっていて、価格は29,800円(税込)で6月中旬に販売予定となっています。

スポンサーリンク

スペックについて

まずは15.6インチの「Chromebook Flip CM5(CM5500)」のスペックから紹介しますが、こちらは海外発表時とほぼ同じです。

ASUS Chromebook Flip CM5(CM5500)

ASUS Chromebook
Flip CM5(CM5500)
ディスプレイ15.6インチ 広視野角
1,920 × 1,080
グレア
CPURyzen 5 3500C
RAM8GB
内部ストレージ256GB M.2 NVMe PCIe SSD
外部ストレージmicroSD
Webカメラ720p HD
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
HDMI ×1
バッテリー最大11.1時間
その他日本語配列
USIスタイラスサポート
MIL-STD810H
バックライトキーボード
サイズ357.6 x 244.16 x 18.5mm
重さ1.95kg
税込価格79,800円
自動更新ポリシー2028年6月

15.6インチにテンキー付きという大型Chromebookですが、MIL-STD 810Hに準拠した堅牢性やUSIペンサポート(別売)など、新型Chromebookの特長をハズしていないのがポイントです。

採用されているCPUはAMDのRyzen 5 3500C、8GBRAMと256GB SSDを搭載していますのでハイエンドモデルとなります。

Ryzen 5の性能は、体感で言えばインテル第10世代のCore i5とほぼ同等だと感じていますが、電源接続時とバッテリー駆動時の性能差があるようなので、一概にRyzenが優位とは言えません。

それでもCeleronやPentiumのモデルより高性能と言えますので、大型でテンキー付きかつハイエンドなChromebookを探している人には良い選択肢になります。

価格は79,800円と高価ですが、海外では下位モデルが499ドルからとなっていることや国内でのCoreシリーズ搭載モデルの現状を見ると、案外ちょうど良い価格だと思います。

続いて11.6インチの「ASUS Chromebook CX1」のスペックです。

ASUS Chromebook CX1

ASUS Chromebook CX1
ディスプレイ11.6インチ 非タッチ
1,366 × 768
ノングレア
CPUCeleron N3350
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
Webカメラ92万画素
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 4.2
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
ヘッドホンジャック
バッテリー最大12.5時間
その他日本語配列
MIL-STD 810H
防滴キーボード
サイズ287.4 × 200.1 × 17.5mm
重さ1.2kg
税込価格29,800円
自動更新ポリシー2024年6月※

こちらは新モデルですが、中身は2018年頃のスタンダートと言えるCeleron N3350を採用したエントリーモデルとなっています。

11.6インチのノングレアHD解像度、非タッチのディスプレイとなっている点も含めると、「ASUS Chromebook C223NA」とほぼ同じような構成となっています。

しかし天板が180度までフラットに開くこと、MIL-STD 810Hに準拠した堅牢性と重さが1.2kgとなっている点が「C223NA」との大きな違いです。

「C223NA」は低価格なりの作りでしたが、「CX1」はMILスペックに準拠しているためしっかりと作られているはずで、価格も29,800円とそこまでの差があるわけではないため、低価格帯の選択肢として「CX1」は悪くないと思います。

スポンサーリンク

ただ、自動更新ポリシーが公式でも明らかにされていないのではっきりしていませんが、おそらく2024年6月~2025年6月までとなる点に注意が必要です。

本体外観や特長などは、ASUS公式ストアをご覧ください。

ちなみに余談ですが、海外では11.6インチだけでなく15.6インチのCX1(CX1500)も存在しています。

ということで今回発表された3機種のうち2機種は以上となります。

個人的には15.6インチの「ASUS Chromebook CM5(CM5500)」は面白い選択肢になりそうだと思いますが、英語配列が良かったな…。

残りの1機種、「ASUS Chromebook CM3(CM3200)」については、実機レビューもしていますので興味のある人はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech