スポンサーリンク

ASUSが日本でも「Chromebox 4」を5月13日から発売。ビックカメラで予約受付中

ASUS-release-chromebox-4-00Chromebox

昨年11月に海外でリリースされている「ASUS Chromebox 4」シリーズが、日本でも5月13日から発売されることをASUS JAPANが発表しました。

価格についてはオープン価格となっていますが、一部メディアでは実売税込価格が4万台〜8万円台であることを伝えています。

が、調べたところビックカメラで予約が開始しており、最上位は9万円台となっています。

スペックについては以下のとおり。

スポンサーリンク

スペック

ASUS Chromebox 4
CPUCeleron N5205U
Core i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
RAM4GB(Celeron)
8GB(i3/ i5)
16GB(i7)
内部ストレージ64GB eMMC(Celeron)
128GB M.2 SATA SSD(i3 / i5)
256GB M.2 PCIe SSD(i7)
外部ストレージmicroSD
前面ポート
USB-A(3.2) x2
イヤホンジャック x1
microSDスロット
背面ポート
(Celeronモデル)
USB-A(3.2) ×1
USB-A(2.0) ×2
USB-C(3.2 Gen1) ×1
HDMI 2.0 ×2
背面ポート
(i3/i5/i7モデル)
USB-A(3.1 G2) x3
USB-C(3.1 G1) x1
HDMI x2
Ethernet(RJ45) x1
電源(DC)ポート
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.0
サイズ148.5×148.5x40mm
重さ1kg
自動更新ポリシー2028年6月

国内で販売される「ASUS Chromebox 4」のスペックは上記のようになります。

構成で言えば4種類存在していますが、外観デザインについては基本的に同じとなっているものの、Celeronモデルのみポート性能がやや抑えられています。

また最上位のCore i7-10510Uモデルのみ16GBRAMと256GB M.2 PCIe SSDを採用している点も違いがあります。

Celeron含め第10世代となったことで簡単な作業でもより快適にできますし、最上位モデルであればLinuxアプリ含めて重たい作業でも十分にこなすことができるようになります。

一方、注意しなければいけない点として、海外や前モデルと異なりキーボードとマウスが付属しないようなので、別途用意する必要があります。

スポンサーリンク

ビックカメラでの販売価格(税込)については以下のようになっています。

想像していたよりも手頃な価格ですので、個人向けとしても十分選択肢に入ると思います。

とにかく手軽に1台必要ならCeleronモデル、ポート狙いで予算を抑えるならCore i3モデル、パフォーマンスと価格を重視するならCore i5モデル、性能重視でLinux運用もするならCore i7モデルという感じです。

ただ、ディスプレイもキーボードもないモデルにここまで出すか…という話もありますので、目的に応じて選ぶと良いですね。

ちなみに自動更新ポリシーの期限は2028年6月までと最長クラスですので、業務利用としても問題はありません。

なお、発売は5月13日ですがビックカメラでは予約が開始していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebox
HelenTech