Podcastはじめました!サイトはコチラから

ASUSがChromebook「CX9」、「Flip CX5(C536)」、「Flip CM5」の3機種をCES 2021で発表

asus-release-chromebook-3models-ces-2021Chromebook

CES 2021にて、ついにASUSから「Chromebook CX9」、「Chromebook CX5 (C536)」、「Chromebook Flip CM5」という3つの新しいChromebookが発表されました。

そのうち2つはインテル第11世代のTiger Lakeプロセッサを搭載し、もう一つはAMD Ryzenプロセッサを搭載するASUS初のChromebookとなります。

以下にそれぞれの機種のスペックを紹介していきます。

スポンサーリンク

ASUS Chromebook CX9(CX9400) のスペック

まずはインテル第11世代CPUを搭載し、Windowsを搭載した「ExpertBook B9」のChrome OSモデルというべきプレミアムな「ASUS Chromebook CX9」です。

ASUS Chromebook CX9
(CX9400)
ディスプレイ14インチ 広視野角
1,920 × 1,080
sRGB 100%(or Pantone)
CPUCore i5-1135G7
Core i5-1145G7
Core i7-1185G7
RAM8GB / 16GB
内部ストレージ128GB M.2 NVMe PCIe 3.0 SSD
1TB + 1TB M.2 NVMe PCIe 3.0 SSD
2TB + 2TB M.2 NVMe PCIe 3.0 e RAID1 SSD
1TB M.2 NVMe PCIe 3.0 SSD
1TB + 1TB M.2 NVMe PCIe 3.0 RAID0 SSD
1TB + 1TB M.2 NVMe PCIe 3.0 RAID1 SSD
外部ストレージmicroSD
拡張スロット2x M.2 2280 PCIe 3.0×4
Webカメラ720pHD
プライバシーシャッター
ネットワークBluetooth 5.0
Wi-Fi 6
ポートUSB-C ×2(or TB 4 ×2)
USB-A ×1
HDMI ×1
その他指紋センサ
MIL-STD810H
(USIスタイラスサポート)
サイズ厚み16mm
重さ約1kg

これぞ紛うことなきハイエンドChromebookというくらいに詰め込まれた、14インチの「ASUS Chromebook CX9(CX9400)」です。

14インチのフルHDで広視野角(IPS相当)、重さわずか1kgのマグネシウムボディ、MIL-STD810H準拠の堅牢性、インテル第11世代のCore i5/i7採用、拡張スロット付きストレージ、Thunderbolt 4、HDMIあり、指紋センサ等々、これまで求めていた機能すべてが備えられていると言っても過言ではないですね。

ただ、コンバーチブルではなくクラムシェルであるのが人によって際どいところかもしれません。

現時点では価格と発売日に関しては明らかになっていませんので、結局はそこ次第になりますが期待したいと思います。

スポンサーリンク

ASUS Chromebook Flip C536(CX5)

続いて、事前にペンの対応機種で名バレしていた15.6インチのハイエンド「ASUS Chromebook Flip C536(CX5)」です。

このモデルは地域によって名称が「C536」か「CX5」と異なるようです。

ASUS Chromebook
Flip C536(CX5)
ディスプレイ15.6インチ 広視野角
1,920 × 1,080
CPUCore i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
RAM8GB / 16GB
内部ストレージ128GB M.2 NVMe PCIe
256GB M.2 NVMe PCIe
512GB M.2 NVMe PCIe
外部ストレージmicroSD
Webカメラ720p
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
HDMI ×1
バッテリー最大12時間
その他USIスタイラスサポート
MIL-STD810H
サイズ357.6 x 240.8 x 18.5mm
重さ1.89g

15.6インチにテンキー付きと大型Chromebookですが、2-in-1のコンバーチブルでUSIスタイラスペンをサポートしているモデルです。

性能面では、インテル第11世代のCore i3~i7と最大16GBRAM、最大512GB NVMeストレージを搭載しますので、ハイエンドモデルとして十分過ぎるものとなっています。

「Flip C536(CX5)」は、「CX9」のビジネスやプロ向けというよりも、新しいCPUのおかげで向上したグラフィックス性能を活用して、エンターテイメントやゲーム用途としても使いやすいバランス型のモデルという立ち位置のようです。

もちろん置いて使うChromebookとしては、ビジネスでも学校でも素晴らしい性能ですので、それだけでも価値があると思います。

こちらも価格と発売時期については明らかとされていません。

スポンサーリンク

ASUS Chromebook Flip CM5

最後に、ASUS初のRyzenプロセッサ搭載Chromebookとなる「ASUS Chromebook Flip CM5」です。

ASUS Chromebook
Flip CM5
ディスプレイ15.6インチ 広視野角
1,920 × 1,080
グレア
CPURyzen 3 3250U
Ryzen 5 3500U
RAM4GB / 8GB / 16GB
内部ストレージ64GB eMMC
128GB M.2 NVMe PCIe SSD
256GB M.2 NVMe PCIe SSD
512GB M.2 NVMe PCIe SSD
外部ストレージmicroSD
Webカメラ720p HD
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
HDMI ×1
バッテリー最大10時間
その他USIスタイラスサポート
MIL-STD810H
バックライトキーボード
サイズ357.6 x 240.8 x 18.5mm
重さ1.89kg

こちらも15.6インチにテンキー付きのモデルとなりますが、WASDキーの周りにオレンジ色でカラーが縁取られたり、パームレスト部分も変更されるなどゲーム向きのデザインになっています。

プロセッサには、グラフィックス性能に定評のあるRyzen 3 / 5を採用し、最大16GBRAM、最大512GB NVMeストレージを搭載していますので、ゲームはもちろん普段使いでもビジネスでも十分に対応できます。

ただ、「CM5」のみ4GBRAMと64GB eMMCストレージ搭載モデルが選択できるようになっているため、今回のモデルの中では低価格帯の選択肢としての役割もありそうです。

なお、こちらも価格と発売時期については明らかにされていません。

ということで、CES 2021にてASUSが発表した3つのChromebookを紹介しましたが、どのモデルも非常にユニークかつ実用的に考えられたモデルだと思います。

発売時期と価格は明確にされていないものの、今後数週間で登場すると言われていますので、期待して待ちたいですね。

なお日本国内で販売されるかわかりませんが、これまでの経緯を考えると遅れて「CX9」と「CX5(C536)」は登場しそうな気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech