YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

「ASUS Chromebook C425TA」が日本Amazonでも販売開始!お手頃価格のハイエンドモデル

asus-release-chromebook-c425ta-amazonChromebook

2020年後半のアマゾン プライムデーセールに合わせて「ASUS Chromebook C425TA」を国内投入してきました。

このモデルは昨年8月末に米国で突如販売が開始されているモデルで、国内も同じような展開で突然アマゾンにラインナップされました。

ASUSにはすでにハイエンドの「Chromebook Flip C434TA」というモデルがありますが、そこから一部をコストカットして値段を抑えた廉価版のハイエンドモデルが「Chromebook C425TA」という感じです。

スポンサーリンク

スペック

ASUS Chromebook C425
ディスプレイ14インチ グレア
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
※クラムシェルタイプ
CPUCore m3-8100Y
RAM4GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
Webカメラ720p
ネットワークWi-Fi ac
Bluetooth 4.2
ポートUSB-C(3.2) ×2
USB-A(3.2) ×1
イヤホンジャック
バッテリー最長12時間
サイズ320×208.2×17.8mm
重さ1.44kg
(後の実機測定)
その他英語配列
(バックライトキーボード)
自動更新ポリシー2026年6月
価格45,800円

今回国内で販売されるモデルのスペックですが、Core m3に4GBRAM、64GB eMMCストレージを搭載したものとなります。

ディスプレイは14インチにフルHD、IPS方式のグレア液晶を採用していて、タッチスクリーンに対応しています。

asus release chromebook c425ta amazon flat-「ASUS Chromebook C425TA」が日本Amazonでも販売開始!お手頃価格のハイエンドモデル

ここで一つ注意点ですが、この記事を書いている時点(2020/10/13 10:20)では、Amazonの商品ページに”360度回転するヒンジ”というように記載されていますが、海外公式サイトでは180度フラットまでしか開かない、クラムシェルタイプのChromebookと紹介されているため、アマゾン側の間違いかと思われますので、購入の際にはお気をつけください。

ディスプレイに関する変更点が、現行ハイエンドの「C434TA」との大きな違いとなっています。

スポンサーリンク

USB-Cポートは左右に1つずつの計2つ、USB-Aポートは一つ、イヤホンジャックとmicroSDカードスロットというスタンダードなポートを搭載し、2019年モデルのためWi-Fi 5(ac)とBluetooth 4.2となっています。

バッテリー駆動時間も最長12時間と十分で、実機を見ないとわかりませんがバックライトキーボードを搭載している可能性があります(米国公式では型番に関わらずバックライトキーボード搭載としているため)。

asus release chromebook c425ta amazon keyboard-「ASUS Chromebook C425TA」が日本Amazonでも販売開始!お手頃価格のハイエンドモデル

ちなみに日本販売モデルも英語配列キーボードとなっています。

もう一点気になるところで言えば、アマゾン商品ページでは重さが1.4kgと紹介されていますが、海外公式サイトや実機レビューの情報を見る限りでは、重さは1.3~1.33kg程度であるとされています。

後に実機を購入して測定したところ、重さは1.44kgとなっていました。

おそらくこの要因は、海外モデルがノングレア液晶だったものが国内ではグレア液晶になったことでディスプレイ側の重さが増加したためと考えています。

価格についてはかなり頑張っていて、45,800円での販売となっていますが、恐ろしいことにプライムデーセール中34,800円というトンデモナイお得価格で提供されています。

「Chromebook C425TA」からコストカットされた部分は多々ありますが、性能面で見れば劣ることはありませんので、クラムシェルタイプのノングレアディスプレイであることに妥協できるのであれば、「C425TA」は通常価格であっても十分お買い得だと思います。

もしプライムデー期間中でこの記事をご覧頂けたなら、めちゃくちゃお得に買うことができますのでぜひ検討してみてください。

…私もポチってしまいましたので(笑)