スポンサーリンク

ASUSが堅牢性重視の「Chromebook Detachable CZ1(CZ1000)」を海外でリリース

asus-release-chromebook-detachabe-cz1-00Chromebook

国内で人気のあるASUSのChromebookタブレット「Detachable CM3(CM3000)」よりも堅牢性を重視したキックスタンド付きカバーと着脱式キーボードを採用した「ASUS Chromebook Detachable CZ1(CZ1000)」が海外でしれっとリリースされました。

「Detachable CZ1(CZ1000)」のスペックは「Detachable CM3(CM3000)」と大きく変わりませんが、MIL-STD 810Hに準拠した堅牢性や耐衝撃カバー(横向きのみのフリーアングルキックスタンド)など堅牢性に重きを置いたモデルとなっています。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ10.1インチ
1,920 × 1,080
CPUMediaTek MT8183
RAM4GB LPDDR4X
内部ストレージ64GB eMMC
128GB eMMC
ポートUSB-C(2.0) ×1
3.5mmジャック ×1
カメラフロント 2MP
リア 8MP
バッテリー最長11時間
その他MIL-STD 810H
本体収納・充電式USIペン
着脱式キーボード
キックスタンド付き耐衝撃カバー
サイズ256.4×168.2×8.9mm
重さ約500g

「Chromebook Detachable CZ1(CZ1000)」のスペックは「Chromebook Detachable CM3(CM3000)」と大きく変わりはないのですが、ディスプレイサイズが10.5インチではなく10.1インチになっていて、3Dテクスチャー仕上げになった背面やラバートリムが本体側面に着くなど見た目の違いがあります。

またキックスタンドも縦横ではなく、横向きのみとなっていますが、90度以上にも開くことができるようになっています。

画像を見た感じ、「Chromebook Detachable CZ1(CZ1000)」のカバーはマグネットでくっつけるのではなく、側面までをカバーするはめ込むタイプのようです。

ロジクールのiPad向け堅牢性重視のカバーシリーズと同じようなイメージで良いと思います。

肝心の価格や発売時期などについてははっきりとわかりませんが、価格は「CM3(CM3000)」とそこまで差はないと思われます。

これまでの経過から日本でも文教向けモデルとして発売する可能性は高いと思いますが、現状では不明です。

この手のChromebookタブレットに堅牢性が欲しい…と思っていた人には良い選択肢になるので期待したいですね。

なお動作感などについては、「CM3(CM3000)」と変わらないと予想できますので、興味のある方は以下のレビューをどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech