スポンサーリンク

Chromebookにオーディオの診断ツールが追加されます

google-add-audio-web-ui-toolChrome OS

これまでにGoogleはいくつかのデバイス診断ツールをChromebookにも追加してきましたが、オーディオの診断ツールの追加にも取り組んでいることがわかりました。

この診断ツールは「AudioWebUI」と呼ばれ、オーディオとマイクの問題を解決するために役立つツールとして開発されています。

スポンサーリンク

この「AudioWebUI」は、フラグを有効にして再起動することなくブラウザに chrome:audio と入力するだけで新しい診断ツールを試すことができますが、現在はChrome OS Canary 95.0.4069.0以降でのみ機能しています。

このツールにアクセスすると、Chromebookに接続されているオーディオデバイスのリストが表示されます。

Chromebookだと内蔵のスピーカーとマイクが表示されていて、これが機能しているか、音量、ミュートなど状態の把握ができるようになっています。

ここで表示されていないデバイスがある場合、フィードバックができるようになっていたり、出力や入力のテストもできるようになっているため、スピーカーやマイクの問題を解決しやすくなっています。

今後、オーディオに関するトラブルシューティングも診断ツールを使って行えるようになり、すでにChromebookに導入されているツール”Diagnostics”アプリとも統合される可能性があるようです。

どのタイミングでStableに実装されるかはわかりませんが、普通に機能しているようなので近いうちにすべてのユーザーが使えるようになると思います。

Source: Android Police

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chrome OS
HelenTech