スポンサーリンク

「Microsoft Surface Go 3」と見られるベンチマークが登場。PentiumとCore i3の2モデル構成

microsoft-surface-go-2-imageWindows

先ほどは同じくマイクロソフトの「Surface Duo 2」のベンチマークを紹介しましたが、続いて「Microsoft Surface Go 3」と見られるベンチマークがGeekbenchに登場し、一部のスペックが明らかとなっています。

今回公開されたベンチマークには「Surface Go 3」の名称ではなく「OEMAL」と書かれているため、情報から確定できるものではありませんが、

スポンサーリンク

公開された「Surface Go 3」のベンチマークは2種類あり、Intel Pentium Gold 6500Yと4GBRAMを搭載するもの、Core i3-10100Yと8GBRAMを搭載するものです。

現行の「Surface Go 2」もPentiumとCoreの2モデル構成なのでそれに準じていますが、現行は発売から1年以上が経過していますので、「Surface Go 3」は順当なアップグレードだと思います。

とくにPentium Gold 6500YとCore i3-10100Yは今年になって発表されたプロセッサなので、性能向上には期待できます。

現行と新モデル「Surface Go 3」のベンチマーク結果を比べると以下のようになります。

シングルマルチ
Surface Go 2(Pentium)22004300
Surface Go 3(Pentium)31975643
Surface Go 2(Intel)41006800
Surface Go 3(Intel)43597643

「Surface Go 3」のPentiumモデルは、「Surface Go 2」のPentium Gold 4425Yよりもシングル、マルチとも50%程度の性能向上が見込まれますが、Core i3モデルはm3-8100Yから数%の向上に留まっています。

ただ、あくまでベンチマークの結果に過ぎないため、実機を触ってみるまではわかりません。

これ以外の情報はベンチマークからはわかりませんが、先の「Surface Duo 2」のことやWindows 11の発売などに合わせてリリースする可能性があります。

あとは価格がどうなることやら。

Source: WinFuture

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Windows
HelenTech