YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

今日から開始のAmazonタイムセール、ChromebookはHPのアレだけ。10%オフクーポンはあり

200724-amazon-time-saleセール・クーポン

Amazonにて7月24日(金)から26日(日)まで開催する”タイムセール祭り”ですが、今回はセール対象となるChromebookは「HP Chromebook x360 14」のCore i3、日本語キーボードモデルのみとなっています。

他にも出てくると期待はしたんですが、最近の在庫状況などを考えるとやっぱりダメだったという感じです。

しかし、引き続く10%オフクーポンの対象となっているChromebookがいくつかありますので、「HP Chromebook x360 14」と併せて紹介しておきます。

スポンサーリンク

特選タイムセール対象

まずはお馴染みになりつつある、「HP Chromebook x360 14」です。

HP Chromebook x360 14 Core i3 / 日本語

Core i5モデルはすでにレビューしていますが、Core i3モデルでも性能面に何ら問題はなく、ハイエンドなChromebookとして申し分のないものです。

1.6kg近いので持ち運びに不便なものの、本体は薄めですし持ち運べないことはなく、それが問題なければ現状でもハイエンドの選択肢として考えるべきモデルだと思います。

自動更新ポリシーも2025年6月までとなっています。

スポンサーリンク

10%オフクーポン付き

今回10%OFFのクーポンがあるモデルは、4つのモデルが対象となっていて、そのうち2つはスペックの違いによるものです。

Acer Chromebook Spin 13 CP713

AcerのハイエンドなChromebookである「Spin 13 CP713」シリーズのうち、Core i3 / i5の両方のモデルに10%オフクーポンがあります。

元値がそれなりのお値段ですが、性能面で考えればいま購入してもハイエンドに変わりないですし、2025年6月までの自動更新ポリシーがありますので、長く使うにも十分なモデルです。

個人的には価格差を考慮してもCore i5モデルに行くほうが良い気がしますが、このあたりは予算次第となりますね。

なおどちらも英語配列のキーボードである点にご注意ください。

Acer Chromebook Spin 512 R851TN-A14N

Acerからもう1台が10%オフクーポンの対象になっています。

こちらは12インチに3:2というアスペクト比のディスプレイを採用した「Chromebook Spin 512」で、性能としては2019年から2020年にかけてのスタンダードなもので、MIL-STD 810G(ミルスペック)に準拠した堅牢性と、本体に収納できるスタイラスペンが付属しているのが特長です。

10%オフクーポンの利用で5万円を切る価格になるため、英語配列キーボードであることに問題がなければ、日本国内モデルとしては割とお手頃なモデルかと思います。

自動更新ポリシー2026年6月までと、あと6年使えることを考えるとコストパフォーマンスに優れるモデルですので、丈夫さを活かして小学生や中学生のお子さん用として、大学や仕事でガシガシ使うにも十分ありだと思います。

Lenovo IdeaPad Slim 350i

最後に紹介するのは、8月28日に発売予定となっているLenovoの新型「Lenovo IdeaPad Slim 350i」です。

性能面としては、2020年のスタンダードといえるモデルで、Celeron N4020と4GBRAMを搭載した11.6インチのコンパクトモデルです。

唯一の懸念としては、同じようにノングレアのTN液晶を採用した「Lenovo Chromebook S330」がありましたが、ディスプレイがかなり白っぽく見え、値段なりと言えばそうなんですが、人によってはかなり気になるレベルでした。

「Lenovo IdeaPad Slim 350i」も同じような問題があると予想はされますが、10%オフクーポンで3万円を切る価格になるので、価格を抑えることが目的の方であれば、十分選択肢になると思います。

自動更新ポリシーについてはまだ明らかになっていませんが、これまでの機種と同じく2026年6月まではポリシーの期限があるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、現時点(2020/07/24 9:41)におけるAmazonのタイムセールと10%オフクーポン対象のChromebookをまとめておきました。

個人的には「Acer Chromebook Spin 512 R851TN-A14N」が狙い目だと思いますので、英語配列キーボードで問題がなければ、ぜひ購入を検討してみてください。