YouTube始めました!チャンネルはココから

開発が始まったChromebook「Brya」は、インテルの第12世代CPU、Alder Lakeを搭載

Chromebook

現在、インテルCPUの第11世代Tiger Lakeを搭載するChromebookが複数開発されているのはご存知の方も多いと思います。

第10世代CPUでさえ、Chromebookにとっては大きな飛躍となったわけですが、第11世代はグラフィックス性能を中心にさらなる改善が期待されます。

そして今回、さらに次世代となる第12世代のAlder Lakeを搭載したChromebook「Brya」が開発されていることが明らかとなりました。

スポンサーリンク

Alder Lake自体は2021年後半に登場すると言われ、まだ第11世代CPU搭載Chromebookも登場していない最中で開発が始まっているわけですが、Chromebookの開発サイクルを考えると、おそらく2022年にAlder Lake搭載モデルの投入される可能性があります。

開発が始まった「Brya」を見てみると、コミットではノートPC向けとされる”Alder Lake-P”であることがわかります。

これ以外のコミットをわかる範囲で掘り下げてみましたが、現状ではとくに目立った情報はありませんでしたので、引き続き情報は追っていこうと思います。

過去のリークなどから今後のChromebookの展開についてお伝えしておくと、ThunderboltやUSB 4を搭載し、外部GPUへのアクセスなども可能になるかもしれませんので、2021年以降はまた違った躍進を遂げることになりそうです。

それよりまず、Tiger Lake世代搭載Chromebookをリリースしてもらわないと困りますが…。

参考までに「Alder Lake-P」についてのスペックをNOTEBOOKCHECKから引用しておきます。

FeatureAlder Lake-P
Cores/Threads6/12 Golden Cove + 8/8 Gracemont
ProcessCPU – 10 nm;
PCH (In-package) – 14 nm
LLC Cache24 MB
Packaging (mm x mm)CPU + PCH – 50 x 25
GPUXe 96 EUs
GPU Features4x Display-out;
DisplayPort 1.4b;
AV1 accelerated encode;
GNA 3.0
Memory SupportDDR4-3200 64 GB;
DDR5-4400 64 GB
Connectivity4x Thunderbolt 4 + 1x Maple Ridge;
Wi-Fi 6E 802.11axR2
PCIe LanesCPU – 16 – Gen5 x8 + 2x Gen4 x4;
PCH – 12 – Gen3 x12
Security FeaturesTME;
ROP attack prevention;
Hypervisor-manager Linear Address Translation (HLAT);
Multi-key TME (MK-TME)

Source: Chrome Unboxed

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech