Podcastはじめました!サイトはコチラから

Snapdragon 7c採用のChromebookタブレット「Coachz」はHP製である可能性が高まる

Chromebook

2019年7月から開発が始まっている「Trogdor」をベースとしたChromebookタブレット「Coachz」に関する情報は、これまでにいくつも登場しています。

「Coachz」は、11インチに3:2の高解像度ディスプレイ、Snapdragon 7c、指紋センサ、マグネット充電式USIペン、キックスタンドなど様々な機能が搭載されていることを期待されるChromebookタブレットデバイスです。

過去にもHP製である可能性が浮上していることを伝えましたが、さらに可能性が高まるような情報が発見されています。

スポンサーリンク

今回もChrome Unboxedによる発見ですが、「Coachz」のテストで使用されているUSB-CドックがHPのユニバーサルドックであることがわかりました。

このような開発途中の機種で特定の周辺機器がテストされることは稀です。

過去にあったのは「Sarien」がDELLのドックを使ってテストしており、結果として「Sarien」は「DELL Latitude 5300 / 5400 Chromebook」であったことを考えると、「Coachz」がHPのドックを使っているということは今回も同様にHP製のデバイスである可能性は高いと言えます。

ただ、まだ確定しているわけではないため、その点はご注意ください。

もし「Coachz」がリリースされれば、「HP Chromebook x2」の後継機種と言えるモデルの登場になりますので、個人的には新機能含めてかなり期待をしています。

Source: Chrome Unboxed

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech