YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

AMD Ryzen搭載のChromebook「Zork」がGeekbenchに登場

geekbench-chromebook-zorkChromebook

昨年の4月に開発が始まっているChromebook「Zork」ですが、ついにGeekbench上にベンチマークスコアが登場し、予想どおりAMDプロセッサを搭載し、Ryzen 7 3700Cであることが明らかになりました。

さらに調べてみたところ、Chromebook「Zork」にはRyzen 3 3250Cを搭載するモデルも含まれていることもわかりましたので、AMDのプロセッサを搭載して少なくとも2つのバリエーションがあるということになります。

スポンサーリンク

今回Geekbenchに登場したベンチマークはいくつかありましたが、そのうちRyzen 7 3700CとRyzen 3 3250Cのものを参考として一つずつ掲載しておきます。

モデル名は、「Google zork」としか書かれていないため、どこのメーカーの機種かはわかりません。

Android 9で動作していますが、もちろんChrome OSになるはずです。

これによると、Ryzen 3 3250C搭載モデルは4GBRAMのスタンダードクラス、Ryzen 7 3700C搭載モデルは8GBRAMとハイエンドなモデルであることがわかります。

また、Ryzen 3 3250CにはRadeon Graphics、Ryzen 7 3700CにはRadeon Vega Mobile Gfxが含まれているため、同価格帯のIntel CPUを搭載するChromebookよりもグラフィックス性能が向上していると思われますので、今後はかなり面白い選択肢になるんじゃないでしょうか。

そしてベンチマークが登場したということは、開発もほぼ完了に近づいていると言えますので、近いうちにより詳細なChromebook「Zork」の情報が出てくると思います。

ハイエンドなAMDのプロセッサ(APU)を搭載したChromebookの情報はあっても、ここまで具体的なものが出てこなかったので、ようやくと言った感じ。

期待できそうです。

参考 Geekbench

Chromebook
スポンサーリンク
フォローをお願いします!
HelenTech