ASUSの「ChromeBox 3」シリーズがいよいよ登場するかも!

ASUS Chromebox3

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

さてさて、ChromeBoxといえば以前に「Acerの新型Chromebok」についての記事をまとめています。
そして今回ご紹介するASUSの「ChromeBox 3」についてですが、実はすでにCES2018で発表されているんですよね。
ところが発売のタイミングについては当時はまだ確定的ではなかったわけなんですが、ここに来ていよいよ動きが出てきたようです。

が、前置きで言ってしまうと、これは公式ではない上にスペックについてもまだ明るみに出ていないようなんですよ。
それなのに海外の通販サイトでは予約できるみたいですが(笑)

ということで、ASUSの2018年新型「ChromeBox 3」について現状わかっている情報をまとめていきたいと思います。




ASUS Chromebox 3

冒頭でも書いたとおり、すでにCES2018にて本体外観含めスペックの一部もわかっています。
今回販売されるモデルは4種類。

  • ASUS Chromebox 3 Celeron (CHROMEBOX 3-N017U)
  • ASUS Chromebox 3 Core i3 (CHROMEBOX 3-N018U)
  • ASUS Chromebox 3 Core i5 (CHROMEBOX 3-N019U)
  • ASUS Chromebox 3 Core i7 (CHROMEBOX 3-N020U)

そしていずれも第8世代(Kaby Lake)のCPUとDDR-2400のRAMを搭載しています。
ただスペックについてはこの程度の情報しか現時点ではないんですよね。

次いで外観についてですが、
Acerのように大きな変更はなく、形としては「Chromebox 2」から変更点はありません。
しかしポート類に変更がありまして、下記のような構成になっています。
※前面・背面でポートが分かれてます。詳しくは参照元の2つ目で実物画像を御覧ください。

  • USB-C ×1
  • USB3.0 ×5
  • HDMI ×1
  • Ethernet ×1
  • microSDカードスロット ×1
  • オーディオジャック ×1
  • 電源(DC)

割りと現代的な構成ですね。USB-Cを搭載しているのがポイントでしょうか。
このUSB-Cでも電源として使えるような書き方をされていますが、電源は別に取ることができるのでUSB-C対応の周辺機器を利用したい場合にもハブなど使わずに済むというのが良いところでしょう。
USB3.0ポートの数も5個と比較的多いので、外部ストレージなども安心して繋げていけます。

しかし、カードスロットがmicroSDになってしまったのはどうなんでしょう。「Chromebox 2」ではSDカード対応でしたから、デジカメなどで撮ったものを直接ぶち込めるんですが、今回はちょっとめんどくさそう。もしくはUSB接続すればいいのか、microSDをアダプタで使用すればいいのか。
このあたりの使い勝手については、私はChromeBoxでデジカメやったことないのでなんとも言えないですけど、写真を扱いたい方には注意が必要かもしれません。


まとめ

結局のところ、わかっている情報はCESのものに毛が生えた程度でしたね。
これで発売のタイミングはここから2~3週間後(5月中)と予想されていますから、おそらく詳細は近いうちに出てくると思われます。
気になる価格についてですが、海外の販売サイトでは以下の価格で予約となっています。

  • Celeron $249.99(約27,000円)
  • Core i3 $449.99(約49,000円)
  • Core i5 $501.99(約55,000円)
  • Core i7 $733.99(約80,000円)

Celeronモデルは安定の安さですが、i3とi5の価格差がさほどないことが気になりますね。もしかしたらi5モデルを売っていきたいという現れでしょうか。

ちなみにChromeboxでもAndroidアプリを利用できますのでご安心ください。
ネットやメール、動画を見る程度の日常使い小型デスクトップが欲しいという方には良さそうな気がしますね。

現時点ではこんな感じですので、詳細が出てきたら改めてまとめます。

参考元:
1. ASUS Is Up To Bat: Chromebox 3 Shows Up Online
2. Hands-On With The New ASUS Chromebox 3 – CES 2018

スポンサーリンク