ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

さてさて先程まとめましたASUS「Chromebox 2 CN62」のSSDを換装してストレージ容量を増やす方法というのなかで割愛した、ChromebookやChromeboxのリカバリメディアを作成する方法を改めてご紹介していこうと思います。

作業的にはとても楽で、ヘルプを見れば大体の方がご理解いただけると思いますが、一応当ブログでも実際にやってみたのでその流れをまとめておこうと思った次第です。

ということでさっそく。




作成アプリのインストール

まずChromeアプリを入手できる、ChromeウェブストアからChromebook リカバリ ユーティリティというアプリをダウンロードします。
これはGoogle公式アプリなのでご安心ください。

Chromebook リカバリ ユーティリティ

インストールが完了してアプリを起動すると、リカバリメディアの作成という画面が出てきます。

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

USBやSDカードを用意して、開始を押してください。
Chromebookの識別というページが開かれ、次を入力〜の右側にあるモデル番号をクリックすると自動でモデル名に挿入されます。

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

もしない場合はリストから選択する必要がありますが、おそらく古いモデルでない限り大丈夫かと思います。
ここでUSBメモリもしくはSDカードを差し込んでおき、次へをクリックします。

リカバリメディア作成のため、どの外部メモリに保存するかを選択する画面が出てきます。
私はUSBメモリを利用したので、そのように。

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

選択したら次へをクリックします。

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

当然ながらUSBメモリは一旦フォーマットされます。なので空のものを使うようにしましょう。
終わったら今すぐ作成をクリック。はじまります。

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

リカバリ用データをダウンロードしてから書き込む形式のようです。
ちなみにこのときダウンロードされたデータは本体のダウンロードフォルダにそのまま残ってしまうようなので、リカバリメディアが作成されてしまったら削除しても問題はありません。

ChromebookやChromeboxでリカバリメディアを作成する方法の画像

ということで完成!意外と簡単でした。


まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
書き込みまで合わせた時間も10分くらいでできますから、私のようにSSD換装などしなくてもいざというときのために作っておいても良いかもしれません。

インストール自体も時間はかからないですし、おそらくクリーンインストール全体(リカバリメディア作成から再インストールまで)の時間は30分もあればできてしまいますね。
このあたり、WindowsやMacと違うブラウザベースのOSだからこそ可能なメリットかと思います。

ということで、復旧のためのリカバリメディア作成の方法はこれにて。

よければこちらの「ASUS「Chromebox 2 CN62」のSSDを換装してストレージ容量を増やす方法」もご覧くださいませ。

ASUS「Chromebox 2 CN62」のSSDを換装してストレージ容量を増やす方法

リカバリメディア用USBならこれくらいで十分でしょうかね。


スポンサーリンク