「AltOS」ではなく「デュアルブート」?Pixelbookでテスト中の「Project Campfire」に変更あり

Google The Chromebooks ChromeOS

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて今回は、Chromebook上でWindowsを動かすことのできるプロジェクト「Campfire」について新たな情報が出てきたので取り上げておきます。

以前の記事は下記をご覧くださいませ。

このプロジェクトで、Windowsを動かすためのモードを「AltOS」と呼んでいたそうですが、最新のファームウェアのデータによると名称が「AltOS」から「dual boot」へと変更になっており、ログインのためのアイコンも追加されているということです。

dualboot icon

こんな感じのやつですね。

参考元によれば、ChromeOSは見てのとおりですが、矢印アイコンの方が別のOSを選択するためのアイコンで、キーボードショートカットによる選択になるとしています。

このキーボードショートカットについては、以前別の記事で取り上げたものと内容は同じのようですのでそちらを参照ください。

またこの機能は、Chromebookの中でも「eve」こと「Pixelbook」でのみテストされているものですので、実際に一般ユーザーが使用できるようになるのも、他のChromebookに普及するのも当分先のことになりそうです。

ただ、もう少しで発表となるであろう新型の「Pixelbook 2」や「Pixel Slate」に関しては例外で、リリースされてから近いうちにブートキャンプが使用可能になるであろうという予測がたてられています。

とはいうものの、ご覧のとおり現時点ではまだまだ情報が不足していますので、今後また情報が出れば取り上げていきたいと思います。

参考:
Pixlebook’s Mysterious “AltOS” Renamed “Dual Boot,” Adds Keyboard Combos