Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

【2019年版】日本で正規購入できるChromebookのおすすめを最新モデル中心に紹介!

best-chromebook-2019-imageChromeOS

今回は、2019年に発売された最新モデルを中心に、メーカーや家電量販店などから日本正規品の購入ができるおすすめのChromebookを紹介していこうと思います。

2018年にも同様にまとめていますが、海外と比べて参入メーカーも限られていることやモデルにも限りがあるため、昨年から引き続きおすすめせざるを得ない機種もあること、ご了承ください。

また、Chromebookの購入に際して気をつけて頂きたいのは、「自動更新ポリシーの期限」がいつまであるかということです。

この「自動更新ポリシーの期限」とは、GoogleがOSのアップデートを保証している期間で、日本で発売された機種は大体5年ほどが目安となっています。

Chromebookに詳しくないメディアでは、このポリシーの期限について言及せず、安価だからという理由でオススメしているところも少なくありません。

ですので、このポリシーをしっかりと理解している方以外は、多少高くなってしまっても最新モデルを購入する方がより安全で長く使えるということを念頭に置いて頂ければと思います。

自動更新ポリシーについては別途まとめていますので、下記の記事をご覧ください。

ということで、私がおすすめのChromebookを紹介していきます。

2019/10/30 : LenovoとDELLを削除
2019/09/13 : 「Acer R752T-N14N」に追記
2019/07/18:新しいモデルを追加、項目を変更
2019/06/07:「ASUS Chromebook C214」を追加
2019/05/27:Chromeboxの項目を削除/「Acer Spin 11」を削除
2019/04/25:「ASUS Chromebook C434」を追加
2019/04/02:「DELL Chromebook 3100」を追加
2019/03/01:「Lenovo 500e Chromebook」を2019年モデルに変更

やっぱり今回も独断と偏見に加え、日本国内で参入しているメーカーもモデルも海外より少ないですし、リリースのタイミングも差が出ているため、どうしても偏りがちになってしまいます。

こればかりは仕方ないことだと思って頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

お手頃価格のChromebook

まずは、エントリークラスのスペックで、国内でも低価格帯と呼べるChromebookのおすすめを4製品紹介していこうと思います。

ASUS Chromebook Flip C101PA

2019 best chromebook c101 image

こちらも昨年から続く紹介になりますので簡単に。

10.1インチに重さ約900gという軽量・コンパクトを体現したChromebookです。
バッテリー駆動時間も最長9時間と長く、持ち運んで使うことに関しては他のChromebookより優れていると言えます。

スポンサーリンク

ただ、ディスプレイの解像度が1,280×800とやや控えめなのが難点ですが、IPS方式を採用しているので見づらいということはありません。

スペックについては下記のとおり。

433e939c80359d5af680fdf5a7c3c80b 760x552-【2019年版】日本で正規購入できるChromebookのおすすめを最新モデル中心に紹介!

私も購入時とその後のレビューでも書いていますが、基本的なブラウンジングやメール、動画、文章作成などは問題なくこなせるスペックです。

さすがにコンパクトさゆえに効率が落ちる作業もありますが、基本的に持ち出してちょこっと作業するという程度であれば大丈夫だと思います。

価格も4万円ほどで購入できるため、比較的入手のしやすい機種でもあります。

また人気機種なので、様々なブロガーさんがレビューを書いていますから、気になる方はそちらも参考にしてみてください。

ちなみに自動更新ポリシーは2023年8月までありますので、まだまだ安心です。

ASUS Chromebook C223 / C423

2019 best chromebook c223 c423 image

ご覧のとおり、と言いますか型番からもこの2台は兄弟機となっています。
実際にはもう1モデルあるのですが、国内での販売はしないっぽいので割愛。

もうひとつの「Chromebook C523NA」も、9月15日から国内販売が開始となりますので、様子を見て追記しようと思います。

まずスペックについて紹介しておきます。

 Chromebook 12
C223NA
Chromebook 14
C423NA
ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
ノングレア
14インチ
1,920 × 1,080
ノングレア
CPUCeleron N3350
1.1-2.4GHz(2core)
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB3.0 ×1
イヤホンジャック
USB-C ×2
USB3.0 ×2
イヤホンジャック
バッテリー最大11.3時間約10時間
サイズ幅286 x 奥行199
x 厚み17.25 mm
幅322.6 × 奥行228
× 厚み16.1mm
重さ999g1.25kg
価格35,000円(税抜)42,800円(税抜)

基本的な構成は同じで、ディスプレイがそれぞれ11.6インチのHD解像度、14インチのフルHD解像度となっています。
なお、いずれもノングレアタイプでタッチ操作には対応していませんので、タブレットモードを利用できません。

ここでどちらを選ぶかの指標としては、やはり画面の大きさと解像度に尽きると思います。

現在14インチで国内正規入手できるChromebookは「C423」のみとなっていますし、実寸的には13インチクラスのノートパソコンと変わらず、フルHD解像度であることからも、できるだけ作業領域を広げたい方は「C423」が良いと思います。

対して、HD解像度だけどできる限りコンパクトかつそれなりに作業も考えている方は、「C223」を選択する方が持ち運びもラクかと思います。

ちなみに「C223」については、私も海外モデルを購入していますので、詳細に興味のある方はそちらもご覧くださいませ。

ただ唯一の懸念は、ディスプレイのクオリティです。
上記のレビューでも書いていますが、どうもノングレアであることが悪影響を与えている気がしないでもない…。

とは言っても、現状安価で購入のできる11インチと14インチChromebookなので、選択肢としては悪くないはずです。

Lenovo Chromebook S330

Lenovo-chromebook-S330-image

こちらは2019/07/18に新しく追加したモデルで、7月から国内Amazonでも取扱のはじまった「Lenovo Chromebook S330」です。

14インチのHDもしくはフルHDディスプレイを搭載し、タッチ操作には非対応というクラムシェルタイプのChromebookになります。

正規販売には珍しく、英語キーボードのみの展開となっているので、ご注意ください。

 
Lenovo Chromebook S330
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
ノングレア
CPU
MediaTek MT8173C
1.3-2.1GHz(4core)
RAM4GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmircoSD
ポートUSB-C ×1
USB3.0 ×1
HDMI ×1
イヤホンジャック
バッテリー最大10時間
その他Androidアプリ対応
※英語キーボード
サイズ
幅325.7 × 奥行232.35 × 厚み20.8mm
重さ1.5kg
Amazon価格37,600円

スペックはこのようになっています。

HDモデルもあると先程書きましたが、個人的には価格差を考えてもフルHDモデル1択と言ってよいと思いますので、そちらのスペックのみ掲載しています。

タッチ操作非対応ということもあって、ヒンジは最大180°までしか開かずタブレットのようにはなりません。

しかし、このサイズでタブレットのように使うシーンというのは限られるというかほぼないと思いますので、一般的なノートパソコンスタイルでの利用であれば、エントリークラスのChromebookとしてはかなりコストパフォーマンスの高い1台だと思います。

ただネックと言えば、本体の厚みがあることと重さが1.5kgあるため、常時持ち運びをするにはちょっとしんどいところだと思います。

あまり持ち運ばず、部屋の移動などでたまに動かすという程度であれば、低価格帯のChromebookとして「S330」はベストだと思います。

もし、学校や仕事などでいつも持ち運びたいとなると、前述している「ASUS Chromebook C423」の方に軍配があがると思います。

このモデルについては、私も購入してレビューしているので、興味のある方はそちらもご覧頂ければと思います。

購入は、Amazonだけでなく公式サイトでの購入も可能となっていますが、楽なのはやっぱりAmazonからだと思います。

「Lenovo Chromebook S330」の自動更新ポリシーの期限は、海外からおよそ1年遅れという影響もあって、2022年6月までとなっています。

では続いて、単純なスペックから見るとややお値段が高く感じますが、米国軍規格MIL-STD 810Gに準拠しているため、堅牢性に優れたモデルを紹介します。

スポンサーリンク

堅牢性重視のChromebook

こちらで紹介するモデルは、米国軍規格MIL-STD 810G(通称MILスペック)に準拠した堅牢性を有し、耐衝撃性や防水(防滴)、防塵、落下テストなどをクリアしているChromebookです。
※もちろん完璧な保証ではないことだけ、ご理解ください。

一般的なノートパソコンに比べて、堅牢性が確保されている(要は丈夫に作られている)ため、落下したり水に濡れたり、傷が付いたりしやすい環境で使用するのに適しています。

そのため、小中高校などの教育現場や大学、機関等の研究現場においても十分活用できると思いますし、ビジネスでも移動中の破損の不安解消や屋外、タフな現場で利用する場合にも使えるかと思います。

なお、この項目で紹介する後半2製品については、現在購入手段が限られていますので、参考程度に御覧ください。

ASUS Chromebook Flip C214

asus chromebook c214 image-【2019年版】日本で正規購入できるChromebookのおすすめを最新モデル中心に紹介!

まず、6月7日に発売となったモデル「Chromebook Flip C214(BW0028)」をおすすめしていきたいと思います。

「C214」には、スタイラスペンに対応するモデル「C214 BW0028」とスタイラスペン非対応モデル「C214 BU0029」が存在しています。

 Chromebook C214
スタイラス対応
Chromebook C214
スタイラス非対応
ディスプレイ11.6インチ
1,366×1,080
グレア
11.6インチ
1,366×1,080
アンチグレア
CPUCeleron N4000
RAM4GB
内部ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD
カメラ1MPインカメラ
5MPアウトカメラ
ポートUSB-C(3.1/Gen1) ×2
USB-A(3.0) ×1
バッテリー最大12時間
その他MIL-STD 810G 準拠
サイズ幅299×奥行199×厚み20.1mm
重さ1.29kg1.2kg
価格58,800円48,800円

※この記事を書いた時点(2019/06/07)では、スタイラス非対応モデルはまだ発売していません。

11インチで米国軍規格MIL-STD 810Gに準拠する堅牢性を備えたChromebookとしては比較的軽量な部類となっています。

文教向けとしてリリースされているため、インカメラとアウトカメラが存在するのもポイントのひとつですし、スタイラスペン対応モデルでは、スタイラスペンを本体に収納できるため、無くしにくいということもあります。

ただ、単純なスペックでは後述する「Lenovo 500e Chromebook」に一歩及ばないとも言えるのですが、ほぼ同じような構成ででも、ASUSの機種全般に言える強み、実機がAkasaka等の店舗で試せること、オンラインショップの充実で入手がとてもしやすいということがあるため、文教・法人以外でも手に入れやすいこともあってランクインさせました。

価格もスタイラスの対応、非対応で選択できるようになっているため、後述の「DELL 3100」と同じような位置づけだと思います。

しかし入手のしやすさを考えると、どうしても他メーカーよりASUSに軍配が上がります。

「ASUS C214」は、これまでのモデルよりもChromebookデビューやサブ機として、子どもに買い与えるモデルとして考えても、かなりオススメできるモデルだと思います。

最新モデルになるため、自動更新ポリシーは2025年6月までとなっていますので、小学校や中学校、高校、もちろん大学生向けの購入としても十分に期間はありますので、安心です。

Acer Chromebook Spin 511シリーズ

acer-chromebook-spin-511-r752t

2019/07/18に新しく追加したモデルで、7月11日から発売開始となる「Acer Chromebook Spin 511」シリーズです。

シリーズと言っても、2つのバリエーションしかなく、その違いもスタイラスが付属するかしないかの違いでしかありません。

 R752T-N14NR752TN-N14N
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366 × 768
タッチ対応
CPUCeleron N4000
1.1-2.6GHz(2core)
RAM4GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージmicroSD
リアカメラ5MP AF Webカメラ
2,592×1944 / 1080p
フロントカメラHDウェブカメラ / 720p
インターフェースUSB−C(3.1) ×2
USB-A(3.0) ×2
イヤホンジャック
バッテリー約10時間
その他MIL-STD 810G準拠MIL-STD 810G準拠
Wacom feel対応スタイラス付属
サイズ幅296×奥行206
×厚み19.95mm
重さ1.25kg
価格50,485円

こちちも堅牢性を有する11.6インチのChromebookで、スペック的にも「ASUS Chromebook C214」と大きな差はありません。

ただUSB-Aポートが2つついていたり、「C214」よりもわずかに小さいなど微妙な違いがあります。

基本的には法人用という扱いの印象が強いですが、いつの間にか国内Amazonでも日本正規品モデル「R752T-N14N」の販売が開始しているようです。

Amazonで取り扱いが始まっているということで、少し購入の敷居が下がりましたので、選択肢としても悪くないと思います。

なお自動更新ポリシーの期限は、2025年6月までとなっていますので、十分ですね。

続いてハイスペックなChromebookからおすすめモデルを紹介していきます。

スポンサーリンク

ハイスペックなChromebook

ハイスペックなChromebookにもいくつかの選択肢がありますが、購入のしやすさや使い勝手を考えると、とりあえずこの3製品に落ち着くかなという感じです。

ASUS Chromebook Flip C434TA

ASUS-Chromebook-Flip-C434_3

これを待っていた、と言わんばかりにバランスの取れたハイスペックな14インチChromebookです。

しかし、6月末に突如としてHPから「Chromebook x360 14」が発表されたことにより、国内トップのハイスペックChromebookではなくなってしまいました。

asus chromebook c434 spec

14インチながら13インチクラスのサイズと第8世代のCore m3-8100Yと8GBRAMを搭載したハイスペックモデル。

一般ユーザーから法人、教育機関等であっても多くの作業をこなすことができる万能モデルです。

同じASUSの「C302」と立ち位置としては被ってしまいますが、あちらはより軽量コンパクトですが純粋な性能面では一歩劣る感じです。

このあたりについては、すでにいくつかのモデルと比較した記事を書いていますので、気になる方はそちらをチェックしていただければと思います。

ただスペックが良いだけに、税込価格が9万円程度とお値段もそれなりにするというのがネックかもしれません。

しかし私個人としては、この「C434」ほどのスペックがあればChromebookとしては十分すぎるくらいに快適ですし、この1台でいろいろ完結させたい方や長くメインで使って行きたいという方にはオススメの1台だと思います。

もちろんリリースされたばかりなので、自動更新のポリシーも2025年6月までと現時点では最長です。

この他詳しくはASUS公式を御覧くださいませ。

ASUS Chromebook Flip C302CA

2019 best chromebook c302 image

昨年も紹介していますが、現在も国内正規購入できるChromebookとしてはハイスペックに位置しています。

12.5インチのフルHDディスプレイで、CPUは第6世代のm3-6Y30、RAMも4GBを搭載しています。
とくにバッテリーは最長10時間で、重さも1.2kgと比較的軽量なのもポイントです。

スペックについては下記のとおり。

62c8cd57b47cf4b86f158279e11db86f 760x597-【2019年版】日本で正規購入できるChromebookのおすすめを最新モデル中心に紹介!

現在でも、海外では価格と性能のバランスが取れていると評判は根強く、これから購入を考えている方で、できる限りスペックの良いものを選びたい方は「C302CA」をオススメします。

なお、今回紹介するのは4GBRAMモデルですが、公式ショップには8GBRAMモデルもありますので、より快適な動作を求めるのであればそちらも選択肢として良いかと思います。

強いて残念なところを挙げるとすれば、純正スタイラスペンがないことと、グレア液晶であることくらいでしょうか。

また国内価格は7万円前後と、ややお高め設定なのもネックかな。
(前述の8GBRAMモデルだと8万ちょっと…)

しかし、国内正規品であるため修理保証などもありますので、これからできる限りハイスペックでコンパクトなChromebookでデビューしたいという方にはおすすめです。

しかし、Chrome OSの自動更新ポリシー(サポート期限)も2022年11月となっていますので、3年半以上の利用を考えている方は、前述の「ASUS C434」をオススメします。

HP Chromebook x360 14

hp-chromebook-x360

こちらは6月に突如として国内HP公式サイトに登場した、Core i3/i5を搭載するハイスペックな「Chromebook x360 14」です。

しかしこのモデルも、海外から1年遅れとなっていますので、すでに輸入した方も数名いらっしゃるようですね。

 HP Chromebook x360 14
スーペリアモデル
HP Chromebook x360 14
エグゼクティブモデル
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
タッチスクリーン
CPUCore i3-8130U
2.2-3.4GHz(2core)
Core i5-8250U
1.6-3.4GHz(4core)
RAM8GB
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C(3.1) ×2
USB-A(3.1) ×1
イヤホンジャック
バッテリー駆動時間最大13.3時間
その他バックライトキーボード
US配列
サイズ325×225×16.5mm
重さ1.6kg
価格74,800円(税抜)82,800円(税抜)

スペックと価格はこのようになっています。

第8世代のCore i3もしくはi5を採用しているため、国内のChromebookとしては他の追随を許さないハイスペックモデルとなっています。

英語配列である点が注意するポイントですが、海外からそのまま持ってきたという影響のためか、価格もi3モデルで7万円台後半、i5モデルでも8万円台後半と、輸入するよりも安く済みそうな価格設定になっているので、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

ただ、1.6kgと他に比べてやや重さがあるため、持ち運ぶにはちょっとしんどいですね。

あとは、果たしてChromebookでi3やi5のスペックが必要なのかどうかという問題もありますので、使い手を選ぶモデルであることは間違いなさそうです。

持ち運びも考えるとトータル的にバランスが良いのは、前述の「ASUS Chromebook C434TA」だと思いますが、できる限りコストを抑えたい、持ち運びを重視しないのであれば「HP Chromebook x360 14」もアリだと思います。

あと嬉しいことに、時折セールやキャンペーンを開催しているため、運が良ければかなりお得に購入することもできます。

こちらのモデルは、海外モデル同様に2024年6月まで自動更新ポリシーの期限があります。

ちなみにChromebook以外でも検討している場合、HPのマシンであれば当ブログを経由して頂くことで、個人向けパソコンが12万円以上(税抜)で7%オフ法人向けパソコンが7万円以上(税抜)で4%オフとなりますので、よろしければ下記リンクもご覧くださいませ。

スポンサーリンク

購入のポイントについて

ということで、ざっくりと2019年の最新モデルを中心におすすめのChromebookをまとめてみました。

ここで改めてお伝えしますが、Chromebookを購入するにあたって、最も大切なポイントは冒頭でも述べた「自動更新ポリシーの期限」がいつまであるのかということです。

Chromebookに詳しくない、ただ紹介しているだけのメディアではこのポイントについて言及していないことが往々にしてあるため、購入の前には必ずポリシーの期限を確かめるようにしてください。

安価になっているモデルや、古い記事で紹介されるモデルは自動更新の有効期限があまり長くないものがほとんどです。

スペックや価格も大切ではありますが、この自動更新のポリシーにも注目するようにしてくださいね。

ちなみに当ブログでは、Chromebookに興味を持っている方の不利益にならないよう、このポリシーの期限が公開されているものについては、必ず書くようにしていきます。

スポンサーリンク

まとめ

AmazonでもChromebookの販促ページが作られ、今後本格的に取扱を始めるとはいっても、海外に比べてメーカーもモデルも少ないので、まだまだこれからと言ったところです。

それでも最近になって、日本でも新しいモデルが地味に登場してきたおかげで、紹介したいChromebookが多くなってしまいました。

ですので、ざっくりと今回登場したモデルを振り返って、あえてオススメをまとめると下記のような感じです。

  • 持ち運びOK、万能型ハイスペックで長く使いたいなら「ASUS C434CA」
  • 置き型でハイスペックかつ長く使いたいなら「HP x360 14」
  • ハイスペックでできる限りコンパクト、2年くらいの使用なら「ASUS C302」
  • 大きいディスプレイで軽量、バランス重視の「ASUS C423」
  • 小さく軽量、持ち運び特化の「ASUS C101PA」
  • 低価格でコスパ重視、万人にオススメの「Lenovo S330」
  • スタイラスペンを重視するなら「ASUS C214」

ちなみに私であれば、予算が許すならハイスペックで持ち運びもできる「ASUS Chromebook C434」を一番にオススメしますが、スペックを抑えても軽さを重視したり、コストを下げるなら「C423」も捨てがたいです。

「C302」も選択肢として悪くありませんが、ポリシー期限が2年ちょっとということを考えると、長く利用することが前提なら避ける方がベターかもしれません。

小さいモデルであれば「C223」か「C101」ですが、できる限りコンパクトにしたいなら「C101」に軍配があがります。

ただ、ここに堅牢性やスタイラスの使用を考えるのであれば、「ASUS C214」が良いかな。

価格を抑えてバランスの良いChromebookが欲しいなら「Lenovo S330」が最もおすすめと言えそうですが、重さがあるため持ち運びを考慮すると「ASUS C423」と悩むところですね。

結局は、個人利用か法人・文教利用かによってもオススメが分かれてしまいますので、単純にオススメっていうのも難しいですが、あえて挙げるとすれば今回紹介したモデルが基準になるかと思います。

今後も新しい機種が国内でリリースされれば、追記して行く予定ですので、Chromebookに興味を持たれている方の参考になれば幸いです。

なお、サイズ別にもオススメ記事をまとめていますので、興味のある方は併せてご覧くださいませ。