Youtubeはじめました!チャンネルはココから

Googleが推奨しているAndroid Studioを動作させるためのChromebookをまとめておく

the-chromebooks-are-here-imageChromeOS

今月の初めに行われたGoogle I/O 2019では、Chrome OSやChromebookに関してそこまで言及されていませんでしたが、2019年から発売されるChromebookやChromeboxでは、Linuxアプリへの対応について発表したということはまとめています。

また、次期Chrome OS 76では、GPUアクセラレーション機能の設定もより簡単にできるようになるなど、一般ユーザーだけでなく開発者向けのアップデートが多くなっているように思います。

そこでふと、Androidアプリを開発するためのAndroid Studioが動作するChromebookについて気になったので調べてみました。

Chromebookで開発するにあたり、すでにGoogleから推奨ハードウェアについて公式リストが存在していました。

それによると、Chrome OSでAndroid Sudioを動作させるためには以下の要件が推奨されています。

  • 8GB以上のRAM
  • 4GB以上の空きストレージ
  • 最小画面解像度1,280×800
  • Intel Core i5以上(Uシリーズ以上)

このようになっています。

この時点でかなり限られていますよね。

スポンサーリンク

さらにGoogleでは、推奨デバイスリストも掲載しています。

  • Acer Chromebook 13 / Spin 13
  • Acer Chromebox CXI3
  • Lenovo Yoga C630 Chromebook
  • HP Chromebook x360 14
  • HP Chromebox G2
  • Dell Inspiron 14
  • ASUS Chromebox 3
  • ViewSonic NMP660 Chromebox
  • CTL Chromebox CBx1

意外にも、「Pixelbook」と「Pixel Slate」が含まれていませんが、これらはUシリーズではなくYシリーズのIntel Coreを使っているからだと思われます。

ただ実際には、Yシリーズでもi5以上のモデルだとプレビュー版のAndroid Studioが動作するようなので、このあたりは実機でテストしてみたり、海外の開発者の環境をチェックして見る必要がありそうです。

それにしてもこのリストを見る限り、日本国内で利用できるChromebookとChromeboxで含まれているものって、AcerかASUSの2択、しかもChromeboxの方がより向いているという感じになっていますね。

とはいっても、今回の話はAndroid Studioを使って開発…ということですし、クラウド環境を利用した開発であれば、そこまでスペック等について問題視することもないと思います。

調べればわかることではありますが、ひとまずこれから開発を検討しているユーザーの参考になれば幸いです。

ちなみにAndroid Studioなどは抜きとして、管理人がおすすめする日本で正規販売しているChromebookについてまとめた記事もありますので、興味のある方はそちらもぜひ御覧ください。

ChromeOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech