Youtubeはじめました!チャンネルはココから

Chromebookの仮想デスク(Virtual Desks)がDevチャンネルに登場!現状は「Pixelbook」のみ

pixelbook-virtual-desks-fixedChromeOS

個人的に待ち望んでいた、Chromebook(Chorme OS)での「仮想デスク(Virtual Desks)」機能が、ついにDevチャンネルに登場しました。

ただ調べたところ、現時点(2019/06/08 10:34)では、Pixelbook向けのDevビルド76.0.3809.6に含まれているということなので、他のChromebookに反映されるにはまだしばらくかかりそうです。

※2019/08/15のアップデートにより、Stableチャンネルの各Chromebookでも利用可能になりました。

スポンサーリンク

設定方法について

まずは設定画面からOSのバージョンを確認して、OS 76のDevチャンネル以前であればOKです。

virtual-desks-os-version

また、最初から機能有効化されているわけではなく、flagsから有効化する必要があります。

virtual-desks-flags

これを有効化することで、仮想デスク(Virtual Desks)が使えるようになります。

virtual-desks-screen

これまでの情報どおり、最大仮想デスクトップは4つまで増やすことができ、減らすときも簡単にできました。

が、動作的にはまだまだでして、前回の記事で指摘のあった、ウィンドウを別のデスクに移動させるときには、ドラッグしたまま一度中央に寄せてから上に移動させないと、タッチ操作のウィンドウを終了する動作と被ってしまいます。

さらに、他のOSのようにキー操作だけで仮想デスクを切り替えたりできませんので、タッチパッドの操作が必要になります。

スポンサーリンク

しかもこの切替は、スワイプ操作でデスクを行き来することはできないため、一度オーバービューモードにしてから、デスクをタッチパッドあるいはマウス、タッチして選択を行う必要がありました。

実際に使ってみてわかりましたが、結構タッチ操作と競合してるっぽいんですよね。
せめてキーボードだけでの切り替えとかに対応してもらえれば、もっと捗るわけですが…。

いずれにしても、Pixelbook向けDevビルドに登場したということは、もう少しすれば他のChromebookにも行き渡るはずですので、機会があれば試して感触を確かめるといいかと思います。

なお、2019/06/10にどんな感じで動作しているかのスクリーンキャプチャを行って、動画紹介しています。

興味のある方はチェックしてみてください。

Chromebook(Chrome OS)の仮想デスク機能/Virtual Desksを試す

実はこれがYoutubeデビューだったりするので、下手くそなのはご容赦願います(笑)

ChromeOS
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech