Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

ロジクールから「K580」というChrome OS向けのワイヤレスキーボードが登場するかもしれません

logicoo-keyboard-k480-image ChromeOS

今回の話は、個人的にかなり朗報だと思っています。

About Chromebookが発見した情報によれば、Chromiumのコミット上に「Kata」という新しいキーボードが登場していたため、その詳細を調べたところLogicool(Logitec)のプロダクトであったようです。

ただ現時点では、製品画像等はまだなく、基本的な情報に留まっています。

スポンサーリンク

この情報によれば、「Pixel Slate」や最近発売された「Brydge C-Type」のような、新しいChrome OSのレイアウトを採用する可能性が高く、さらにBluetooth関連のデータベースにChrome OS用キーボードの認証が公開されています。

logicool-k580-chromeos-product-list

得られる情報は多くありませんが、名前のとおりマルチデバイス対応ということなので、3台切り替えに対応するようです。

また、この手のシリーズの例に漏れず、USB充電式となります。

おそらく型番的には、現在販売されている「Logicool K480」や「K380」のようなデザインになると思いますが、Chrome OS向けでマルチデバイス対応キーボードとなると、実際にどのような配列になるかが気になるところですね。

※当然、US配列になります

ただ、ロジクールのこのシリーズであれば、「Brydge C-Type」よりは安価になるだろうということは予想できます。

ちなみに「Brydge C-Type」については下記の記事をご覧ください。

ある程度のシェアが獲得できれば、国内でも日本語配列のものが登場する可能性もなくはないと思いますし、Chrome OS向けキーボードの選択肢が増えるということは、悪くないですよね。

というか現状では、選択肢が「Brydge C-Type」か「Belkin Wired Tablet Keyboard for Chroem OS」くらしかないので、ロジクールが出してくれるなら歓迎です。

発表や発売時期については、現時点では何とも言えませんが、すでに認証を通過していることを考えると、年内には登場してくれそうです。

 

参考Logitech K580 likely to be a Chrome OS wired & wireless keyboard