Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

多くのChromebookでGoogleアシスタントが使えるようになりました

pixelbook-virtual-desksChromeOS

ようやくと言いますか、Chrome OSの最新バージョン(Stable)で、より多くのChromebookでGoogleアシスタント機能が使えるようになりました。

この更新については、Google公式のブログでも掲載されているため、すでにご存知の方も多いかもしれませんが念の為。

すでに「Pixelbook」や「Pixel Slate」では使えていましたし、一部のモデルではBeta以前のチャンネルにある方は、Chrome://flags から機能を有効化することで利用可能となっていましたが、アップデートによってデフォルトで有効となるようです。

なお利用方法と言いますか設定方法は、Chromebookの[設定]から[検索とアシスタント]> [Googleアシスタント]から設定が可能です。

Googleアシスタントを使用するには、「OK Google」と話すか、「検索キー」+「a」でアシスタントが起動します。

voiceGIF_1

音声を優先するか、キーボード操作を優先するかなど選べるので、使いやすいように設定すると良いと思います。

一応、日本語でも試してみたんですが、使えるには使えるけどまだいくつかの問題がありました。

documentGIF_1

上記は、公式ブログに掲載されているドキュメントを作成するというものですが、まだ日本語で「新しいドキュメントを作成〜」としても、Google検索しちゃうんですよね。

英語で「create a new document」と入力するか話せば作成してくれるんですが、これなら普通にショートカット等を使う方が早い気がしてしまいます(英語に慣れている方ならこの限りではないと思いますが)。

なお、カレンダー等へのアクセスは日本語での入力・音声でも反応してくれます。

が、「明日の予定〜」とかを聞いても、Gsuiteのアカウントだと”まだGsuiteのアカウントにはアクセスできません”って出ちゃうんですよね。

個人のアカウントであれば問題ないんですが…。

また知らないうちに更新で修正されると思いますので、いまのところ日本語で便利に活用するには、もうしばらくって感じです。

個人的に便利なのは、天気予報と円換算なので、これらについては問題なく使えるので良いんですけどね(笑)

Chromebookをお持ちの方で、興味のある方はぜひ実機で試してみてください〜。