Crostini(Linuxアプリの起動)ができるChromebookが増えました!

Chromebook

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて、ChromebookでLinuxアプリを動かすことができる「Project Crostini」というものがあるわけですが、今回さらに増えて18種類が対象のChromebookとなるようです。
ちなみに現時点では18種類すべてが明らかになっているわけではありませんが、一部情報が出ていましたのでまとめておきます。

ちなみに今まで対象になっていたのは、GoogleのPixelbookとSamsungのChromebookProのみです。(発売前を除く)

そして今回対象として追加されるChromebookは下記のとおり。

  • Acer Chromebook 11(C732モデル4種類)
  • Acer Chromebook 11(CB-311モデル2種類
  • Acer Chromebook Spin 111モデル(CP-311タイプ2種類,R751T)
  • ASUS Chromebook Flip C213SA
  • Dell Chromebook 11 5190
  • Dell Chromebook 11 2-in-1 5190
  • Lenovo Thinkpad 11e Chromebook
  • Lenovo Thinkpad Yoga 11e Chromebook
  • Lenovo 100e Chromebook
  • Lenovo 500e Chromebook

このような感じです。ぶっちゃけ日本で影響があるのは、AcerのChromebookとASUSのChromebook C213とLenovoのシリーズくらいでしょうか。

残念ながら割りと普及しているように見える、C302やR13は対象となっていないみたいですが、ここに書かれていないだけかもしれません。
(新しくサポートされるモデル、とされているので既に対象になるという話題が出た上記2機種はスルーしている可能性もあります)

今回対象になっているのは採用されているCPUが「Apllo Lake」で動作するChromebookということになるようです。

現時点ではまだDevチャンネルで動作ということらしいので、安定版リリースはいつになるやら…。結構楽しみにしてますけどね!

参考:
Project Crostini enabled on Apollo Lake Chromebooks from Acer, Asus, Dell and Lenovo
18 more Chromebooks can now run Linux apps (ever model with an Intel Apollo Lake chip)