Chromebook「Nocturne」はやっぱりタブレット?「iPad Pro」みたいな端末かもしれません

Google The Chromebooks Chromebook

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech) です。

以前から当ブログでも追いかけているChromebook新機種の「Atlas」と「Nocturne」ですが、ここに来て新たな話題が提供されましたので取り上げます。

過去の記事については下記を参照してください。

と言っても今回は「Noctunre」の話が中心となりますが。
ではさっそく。

スポンサーリンク

「Nocturne」はタブレットChromeOS?

これについてはいくつかのメディアが可能性を書いていますが、基本的に「Nocturne」はクラムシェルタイプのChromebookではないということが挙げられます。

さらに言うと、参考元(1)によればテストファイル上のコードでは、既にリリースされている「Acer Chromebook Tab 10」と同列の扱いになっているということ。

tablet_board_list = [‘scarlet’、 ‘nocturne’]

ここでいう「scarlet」は、ChromebookTab10のことです。

つまり現時点でのソースコード上では、「Nocturne」はChromeOS搭載のタブレット端末として認識されているようです。

また事前に「Noctrune」は「Surface」のようなキックスタンドを備えている…というようなウワサが出回り、さらに実機とみられる製品の動画が出てきています。

動画はこんなやつですね。

これを見ていく限りでは、キックスタンドの有無はわかりませんが、クラムシェルでもないし、コンバーチブルや「HP Chromebook x2」のようなデタッチャブルというよりも、初期のウワサどおりタブレットにキーボードカバーが装着できるタイプ、「iPad Pro」と「SmartKeyboard」のような関係である可能性が高まります。

回りくどい言い方になってしまいましたが、要は「Surface」や「HP Chromebook x2」ではなく「iPad」のようなタブレット端末である可能性が高いということです。

さらに面白いことに、どうやらこの「Nocturne」はHP製かもしれないということ。

スポンサーリンク

「Noctrune」はHP製?

これについてはあくまで可能性ですし、確定的ではありません。

現状でいくつかのウワサをまとめていくと、HPが現在テストしていると思われるLTE対応のデバイスが「Chromebook」である可能性を否定できないし、デバイスの機構的にもHPのものが近いようだ、という話のようです。

ただ情報があまりに限定的のようで、参考元(2)では、X2のようなWindowsノートパソコンの可能性もあると述べています。
あるいは「HP Envy x2」みたいな端末かもしれませんが。

単純に細かすぎて説明しきれない、という部分もあるので、興味のある方は参考元の(2)をご覧ください。

少なくともデタッチャブルChromebookをリリースしているのがHPだけなので、さらに改良を重ねてリリースしてくる可能性というのもなくはなさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、本当にウワサというか確定的な話ではありませんでしたが、皆さんどうお思いでしょうか。

「Atlas」に「Nocturne」の両者をまとめ直せば、おそらくGoogleの「Pixelbook 2」が「Atlas」を指し、メーカーがどこであれ専用キーボードのあるタブレット端末が「Nocturne」であるというのが現時点でほぼ確実な結論かと思います。

今回はあまりにも情報が出てこないので、もうどんな結果になろうともワクワクして楽しみです。

10月9日が発表になる予定ですので、もしそれまでに情報が出てくれば改めてまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

2018/09/20 追記

Chromebook「Nocturne」に関する新たな情報として、レンダリング画像が出てきました。
本物である可能性がなくはない…程度のものですが、参考までにどうぞ。

参考:

  1. Proof Emerges That #madebyGoogle Chromebook ‘Nocturne’ Will Be A Tablet Similar To The iPad Pro
  2. An HP convertible with LTE might be the Nocturne Chromebook: A twist on the Chromebook X2