「Google Pixel Slate」のベンチマークが登場。16GBRAMモデルの存在が明らかに。

Chromebook

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて、先日名称が明らかになった「Chromebook Nocturne」改「Pixel Slate」ですが、ついにGeekbenchでベンチマークが現れたようです。

下記がそのベンチマークの画像となっています。

Google-Pixel-Slate-benchmark

このモデルは、Core-i7(8500Y)と16GBRAMを搭載するハイスペックな構成であることがわかっています。

タブレットとしてはなかなかのパフォーマンスを発揮しそうですが、純然なノートPCとして考えるハイスペックさというよりも、2-in-1タブレットPCとして消費電力等を考慮してバランスの良いCPUの選択になっているようです。

となるともちろんのこと、バッテリーやら価格を考慮しつつCore-i5と8GBRAMの構成も存在するという予測がたちますが、現状ではこれを支持する根拠は出ていません。

またOSを確認してみると、Android 9 Pieとなっているところもポイントかと思います。

ひとまず色々と情報が出つつあるものの、確信に迫るような情報はまだ飛び出ていないので、発表までまだしばらくありますので新しい情報が出次第とりあげて行きたいと思います。

ちなみに過去の記事は下記をご覧ください。

参考:

 

 

Chromebook
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net