もしかしたらGoogleの「Pixelbook 2」は年明け早々に発表されるかもしません。

Google The Chromebooks Chromebook

みなさんどうも、へれん(@Helen_Tech)です。

数日前から、Googleの「Pixelbook 2」は来年の早い時期に発表されるかもしれないというようなウワサが出ていました。

すでに「Chromebook Atlas」こと「Pixelbook 2」については、これまでも広告用バナーにはじまりベゼルが狭くなって「Pixel Slate」と同様の解像度を持つ可能性があること、高速なSSDを搭載するかという話も出ていました。

そして、いよいよ発売かと期待されたときにリリースされたのは、ChromeOS搭載のタブレット端末「Google Pixel Slate」でしたので、現状では「Pixelbook 2」の情報については宙に浮いたような状態でした。

スポンサーリンク

ところが今回、ChromeOS上でLinuxアプリを動作させることのできる「Crostini」プロジェクトのサポートリストに「Atlas(Pixelbook 2)」が追加されたことや、他の機能面でリスト入など裏で細かい調整をしつつリリースに向けて着実に進行していたことがわかります。

Atlas-Linux-support-crostini

これまでの予想では、もし「Pixel Slate」と同じタイミングで発表されなければ、そもそも「Pixelbook」のリリースがまだ1年程度ということもあって、2年近く間の空く2019年後半までリリースされないんじゃないかと言われていました。

しかし、これまでの展開や今回のリスト入りなどを考えると、リリースまでかなり近づいている可能性があります。
それこそ「Pixel Slate」とかも発表の1ヶ月前くらいから、こういう登録絡みの動きがありましたから、同じような流れじゃないかと予想されます。

あとは単純に、最近はハイエンドChromebookが登場してきていることやラップトップとしての「Pixel」Chromebookが欲しいというユーザーの声もちゃんと聞いてるということかもしれません。

そして、発表のタイミングはまだ定かではありませんが、年明けすぐの1月8日からCES2019がはじまりますし、発表するタイミングとしては数多くあります。

2019年前半ということで言えば、Google I/O 2019 Developers Conferenceだったりもありますが、早いうちに発表してもらえればユーザーとしても嬉しいところではあります。

まだ確定的ではないというところですが、おそらくハードウェアはまとまっているみたいですし、年明け早々に発表される可能性もゼロではないということですね。

ということで、今後も情報が出てくればまとめていこうと思います。

参考Suspected Pixelbook 2 Gets Final Touches, May Launch Early 2019

Chromebook
スポンサーリンク
HelenTech